skip to Main Content

ガイアックス、民泊や簡易宿泊所の無人チェックインを実現する、当人確認「ID-Selfie(IDセルフィー)」機能のAPIを開発・提供開始

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、API型本人確認サービス「TRUST DOCK」にて、民泊予約サイト事業者や物件管理事業者向けに、旅行者のチェックイン時の本人確認を無人で実現する「ID-Selfie(IDセルフィー)」機能のAPIを開発、提供を開始しました。 これにより、民泊運営管理ツールを提供している事業者は、宿泊台帳サービスやチェックイン端末に「ID-Selfie(IDセルフィー)」APIを組み込むだけで、宿泊者の本人確認業務をフロントスタッフを置くことなく、無人でおこなうことが可能になります。

ガイアックスとネクスウェイ、犯罪収益移転防止法に準拠した KYC/本人確認業務の一連のプロセスにおけるAPI連携を2018年夏に開始

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)とTISインテックグループの株式会社ネクスウェイ(本社:東京都港区、代表取締役:田中 宏昌、以下 ネクスウェイ)は、犯罪収益移転防止法(以下、犯収法)に準拠したKYC*1/本人確認の業務代行においてAPI連携を2018年夏に開始することを発表します。  具体的には、不動産特定共同事業者や資金移動業者といったFinTech(フィンテック)事業者がスムーズにプロダクトに組み込めるように、身元確認業務をオンライン経由で業務代行するガイアックスの「TRUST DOCK」本人確認APIと、本人確認通知の発送・配達データの取得を自動化するネクスウェイの「本人確認・発送追跡サービス」APIとの連携を開始します。  双方のAPIを連携することで、FinTech事業者は、法律に準拠した本人確認業務を委託するにあたり、内部に専用システムや業務体制の構築を必要とせず、プロダクト連携したAPIを通して、安全且つ迅速に本人確認業務をワンストップでアウトソーシングすることが可能になります。

不動産クラウドファンディング事業者向けに API型本人確認サービス「TRUST DOCK」の提供を開始 ~不動産特定共同事業法(不特法)の改正にともなうオンライン取引活性化を支援~

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、不動産特定共同事業法の改正に伴う、不動産の投資型クラウドファンディング事業への参入企業に対して、オンラインのAPI経由で本人確認の業務代行を行う、「TRUST DOCK(トラストドック)」の提供を本日より開始いたします。

フィンテック海外送金大手、TransferWiseと API型本人確認サービス「TRUST DOCK」の利用において提携協議 〜フィンテック事業者向けに、API型本人確認サービス「TRUST DOCK」を提供開始〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)とトランスファーワイズ・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:越智 一真、以下 トランスファーワイズ・ジャパン)は、本人確認業務代行において、業務提携することで最終協議することをお知らせします。トランスファーワイズは、ガイアックスが提供するAPI型本人確認サービス「TRUST DOCK(トラストドック)」を導入し、利用者の新規登録時における迅速な本人確認を実現します。

シェアリングエコノミー認証マーク取得支援パッケージを提供開始 〜安心・信頼の仕組み担保により差別化を支援〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)と100%子会社であるアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江戸浩樹、以下 アディッシュ)は、6月1日のシェアリングエコノミー認証制度の受付開始および7月25日の第一弾授与を受け、シェアリングエコノミー認証を受けようとするシェア事業者※に対し、安全性を担保するためのパッケージ「シェアリングエコノミー認証制度取得申請支援 シェアサービス構築・運用サービス」の提供を開始します。
Back To Top