「もっと“生きている状態”で働きたい」スタートアップスタジオで活躍する富士茜音さんが語る、ガイアックスの「自由と責任」

私たちGaiaxは、“使命で動く” というPhilosophy (経営哲学/企業理念) を持っています。使命で動くとは、世の中の課題を自分ごととして捉え、ビジョンや問題意識を打ち出し、ムーブメントを生み出すことで社会を巻き込み実現すること。 そんなGaiaxメンバーの様子を連載で紹介していく「使命で動くシリーズ」、今回は2020年卒の新入社員メンバーにガイアックスの「自由と責任」について思うところを話してもらいました。ご覧ください!
Koya Hiroyama

新規事業でマネタイズから逃げたら、活動を継続できない。廣山晃也さんが語る、ガイアックスの「自由と責任」

ガイアックスのSEOを担いつつ、オンライン配信事業部の立ち上げと運営にも携わっている廣山晃也さん。大学時代は農学部に所属していた廣山さんが、なぜIT企業のガイアックスに入社することを決めたのか。その裏にある使命と、ガイアックスで感じている「自由と責任」についてお話いただきました。
Ouka.maeda

「試さずに終わる苦痛に耐えられない」20卒入社エンジニア前田桜花さんが語る、ガイアックスの「自由と責任」

2020年卒の新入社員メンバーにガイアックスの「自由と責任」について思うところを話してもらいました。今回インタビューしたのは、開発部エンジニアの前田桜花さん。一番怖いのは、「こうなったらいいのにな」で終わってしまうことと語る前田さんが掲げる使命について、そのストーリーと共にお聞きしていきます。
Yosuke.aramaki

家業を継ぐという僕の運命の中に、ガイアックスで走り抜ける。20卒入社エンジニア荒巻 陽佑さんが語る、ガイアックスの「自由と責任」

2020年卒の新入社員メンバーにガイアックスの「自由と責任」について思うところを話してもらいました。今回インタビューしたのは、開発部エンジニアの荒巻 陽佑さん。実家の家業を継ぐことを決めているのにもかかわらず、変化の大きいガイアックスにエンジニアとして新卒入社した荒巻さんの使命と物語についてお聞きしていきます。