TRUSTDOCK、日経&金融庁主催の 「FIN/SUM x REG/SUM 2018」STARTUP PITCH RUNにて、 NTTデータ賞と野村ホールディングス賞をダブル受賞 〜「改正犯罪収益移転防止法のKYCワークショップ」を一般提供開始〜

株式会社ガイアックスの出資先である株式会社TRUSTDOCKは、2018年9月25日〜28日で開催中の、日本経済新聞社と金融庁が開催する「FIN/SUM x REG/SUM 2018 」のSTARTUP PITCH RUNにおいて、NTTデータ賞と野村ホールディングス賞をダブル受賞いたしました。 本プログラムでは、14カ国30社のFinTech企業およびRegTech企業が登壇、うち7社がKYC(Know Your Customer)関連企業であり、世界的にオンライン上のKYCが重要な課題だと再認識されたイベントでもありました。 NTTデータ賞では、全国の地域金融機関での導入・連携の可能性、野村ホールディングス賞では、デジタル上の本人確認、デジタルアイデンティティというビッグイシューに正面から向き合う姿勢が高く評価され、今回の受賞となりました。

ガイアックス、N-Villageが開発・展開する個人間オンライン取引の信用情報蓄積サービス「MyRate」に「TRUST DOCK」を導入実施

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)と野村ホールディングス株式会社の100%子会社である株式会社N-Village(本社:東京都渋谷区、取締役社長:吉原 宗雄、以下 N-Village)は、本人確認業務の代行において、業務提携することに合意し、N-Villageが開発・展開する個人間オンライン取引の信用情報蓄積サービス「MyRate(マイレート)」における、本人確認業務代行の導入実施を完了したことをご報告します。 N-Villageは、ガイアックスが提供するAPI型オンライン本人確認サービス「TRUST DOCK(トラストドック)」により、「MyRate」を利用するユーザーの本人確認業務をスムーズにおこなうことが可能となります。