skip to Main Content

日本初、公的個人認証を用いた本人確認スマホアプリ「TRUST DOCK 公的個人認証」を公開、 第一弾の利用事例として総務省のIoTサービス創出支援事業にて試験運用開始 〜シェアリングエコノミーサービス向けのマイナンバーカード読み取りに活用〜

株式会社ガイアックス(東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)とサイバートラスト株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市、以下 サイバートラスト)は、サイバートラスト提供の「サイバートラスト オンライン本人確認プラットフォームサービス」を利用し、マイナンバーカードの読み取りによる公的個人認証を用いた本人確認を実現するスマートフォンアプリ「TRUST DOCK 公的個人認証」を日本初(*)公開しました。あわせて、総務省のIoTサービス創出支援事業「デジタル身分証とスマートロックを利用した自治体スペースシェア」にて、秋田県湯沢市の自治体スペースシェアでの試験運用を開始いたしました。 * ガイアックスとサイバートラストの調査による(2017年11月30日時点)。公的個人認証の本人確認機能が利用できるスマートフォンアプリケーションを民間では日本で初めて公式アプリストアに一般公開した事例となります。
Back To Top