就活ルールを「守らない」ガイアックス、 政府の就活ルール維持を受け、2022採用も情報公開を継続 〜必要なのは「時期のルール」ではなく「情報公開のルール」〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、経団連の会員企業ではなく、また就活ルールが就活市場を歪めていると判断したため、就活ルールによらない新卒採用活動をおこなってきました。さらに、就活生が自分らしい就活をできるためのひとつの回答として、ガイアックスは2020年4月入社採用(新卒採用)活動の内部データを毎月公開しながら、採用活動を続けてきました。 このたび、2022年入社採用において、政府が就活ルール(説明会は3年生の3月、面接は4年生の6月、内定は10月に解禁)を定め、経済団体・業界団体に要請する方針を受け、当社は、時期のルールよりも情報公開のルールが重要と考え、新卒採用活動のデータ公開を継続することを発表します。なお、当社は新卒採用を通年採用にて実施しております。

知り合いなら誰でも一次面接に連れてきてOK! 「面接助っ人枠」制度を開始 〜自分のアピールポイントは、むしろ他人が知っている〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、当社の入社希望者が知り合いを連れてきて、その知り合いが入社希望者に代わってアピールポイントを説明する「面接助っ人枠」制度を開始します。  この制度により、自身の説明がうまくできなかったり、自分の過去のどの取り組みが一番の強みなのかわからなかったりしている入社希望者が、他人にサポートしてもらうことで、より実際に即した自己アピールをおこなえるようになります。当社にとっても、優秀な人材の獲得漏れ防止や、選考にかかる時間の効率化を見込んでいます。
Croquant Chou

初公開!不思議な光を放つ珍獣の生態系

はじめまして、株式会社ガイアックスのコンテンツ事業部の田嶋です。そろそろ入社してから3年が経とうとしています。光陰矢の如し。今回はガイアックスグループの「人」に焦点を当ててみようと思います。 最近、採用活動を通して「ガイアックスで働く人」について改めて考える機会があった。それは就職活動の候補のひとつとして(嬉しいことに)ガイアックスに興味を持ってくれている学生と話す場だった。就活生がほとんど必ず聞くであろうこの質問で、僕は自分自身を振り返った。「どうしてガイアックスに入社したんですか?」質問に答える形で、僕は就職活動をしていた4年前のことを思い返していた。