skip to Main Content

ビジネスチャットは愚痴・不満の温床に 無目的な導入でES低下の恐れ 【EDGE】コミュニケーションプラットフォーム「エアリー」 伝えたい情報の伝達を強化するポータル機能を追加

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の子会社であるEDGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原 資寛、以下EDGE)は、昨今、働き方改革を進める中で導入が進んでいる「ビジネスチャット」について、職場で使用している200名に対して利用状況調査を実施し、その結果を元にEDGEが提供するコミュニケーションプラットフォーム「エアリー」(以下、エアリー)に、「ポータル機能」を搭載することをお知らせいたします。
TEDGlobal 2014

脳科学で発展したマインドフルネスの次の世界 〜シリコンバレーのエグゼクティブが取り組んでいること

みなさんもご存知かもしれませんが、ガイアックスの最年少部長の管さんの信頼マネジメント、幸福経営の記事が昨年、今年とたくさん見かけられるようになりました。これが私にすごく影響を与えました。人事の仕事に携わっていると、心理学の様々な情報が入ってきます。その中でも「ポジティブ心理学」はこれまでの常識を覆し、組織運営者にコペルニクス的転回を求める研究結果でした。

2018年卒新卒採用内定者約3万人の状況を分析『内定辞退調査結果』〜辞退率の高止まりと、早期辞退増加から見える学生の意思決定早期化〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の子会社であり、内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」(以下、エアリーフレッシャーズ)を提供するEDGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原資寛、以下EDGE)は、累計3,000社 35万人以上の利用実績を誇るエアリーフレッシャーズ事業において、2018年卒向けサイトの利用者である内定者および内々定者(約3万人)の状況を分析し、辞退傾向を調査しましたので、お知らせいたします。

~大阪経済大学 国際交流の更なる進化に向けて~大学初!留学生支援システム【エアリーキャンパス】導入!!【EDGE】キャリア支援SNSエアリー全国の大学へ販売 アプリで、留学先での孤立予防、留学体験の共有、安否確認など、サポートを実現

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の子会社であるEDGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原資寛、以下EDGE)は、大阪経済大学(大阪市)において、当社が運用するWEBサービス、大学キャリア支援システム【エアリーキャンパス】 (以下、エアリー)が、採用されたことを発表いたします。アプリを活用した留学生支援の実現で、大学における国際交流支援の進化をサポートいたします。
Daisuke Suga At Work Design Award

社長じゃなくても働き方は変えられる?ただの事業部長が完全リモートワーク化を達成できた理由

先日、日本人材機構が主催する「SELF TURN× Work Design Award」のリモートワーク部門で、僕が事業部長を務めるソーシャルメディア事業部(以後、SOCと呼びます)を表彰していただいた。これは新しい働き方を推進している企業・人を表彰するアワードで、東京ミッドタウンで行われた表彰式とトークセッションにも参加してきました。

【申込受付開始】 中央省庁3省庁が揃う! 「本当の働き方改革」を考えるイベントを開催! 2018年2月20日(火) Bright At Work シンポジウム 2018 in Winter ~幸福度と生産性を目指す働き方改革~@永田町GRID6F

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)の子会社であるEDGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原 資寛、以下EDGE)は、2018年2月20日(火)に、「働き方改革」を認識し、働きがい・幸福度と生産性を兼ね備えた社会の実現を目指すことを目的にした、「Bright At Work シンポジウム 2018 in Winter ~幸福度と生産性を目指す働き方改革~」を開催します。

働き方改革を断行し、 業績を1年で2倍に伸ばした事業部とは

私の所属する部署は企業のSNSマーケティングの支援を行なっています。クライアントのSNSアカウントの運用代行やコンサルティングが主な業務です。私は2015年の9月から事業部長を務めることになり、いろいろと新しい施策に取り組んできました。新体制になった当時、部署の状況は決して良いとは言えず、大きく3つの課題を抱えていました。
Back To Top