細川哲星

『ミッションを追求したら、アドレスホッパーになっていた』使命で動くシリーズ vol.4 細川哲星

Gaiaxは、「人と人をつなげる」という理念のもと、社会課題を解決するために様々な事業に取り組んでいます。その中のひとつのTABICA事業部は、地域の暮らしを体験できる着地型観光サービスTABICAを運営しています。今回は、TABICA立ち上げ人の細川哲星さんにインタビューをしました。細川さんのアドレスホッパーの暮らしかたとTABICA立ち上げには共通点が・・・!

『コンフォートゾーンから抜け出すことで ”自由” はつくれる』使命で動くシリーズvol.3 重枝義樹

今回インタビューしたのは、ソーシャルメディアマーケティング事業部副部長の重枝さん。Gaiaxは、「人と人をつなげる」という理念のもと、社会課題を解決するために様々な事業に取り組んでいます。そのなかのひとつ「ソーシャルメディアマーケティング事業部」には約30名のメンバーが所属し、クライアント企業の最適なソーシャルメディアマーケティングの実現に取り組んでいます。今回は、副部長として活躍している重枝さんにインタビューをしました。
小暮さんと中枝さんのインタビュー

『平穏な日々ではないから、面白い。』使命で動くシリーズvol.1 中枝有・小暮伯房

私たちGaiaxは、“使命で動く”というPhilosophy (経営哲学/企業理念) を持っています。使命で動くとは、世の中の課題を自分ごととして捉え、ビジョンや問題意識を打ち出し、ムーブメントを生み出すことで社会を巻き込み実現すること。そんなGaiaxメンバーの様子を連載で紹介していく「使命で動くシリーズ」、今回は労務のおふたりです。ご覧ください!

『普通の社員とは、個性、多様な力、多様な可能性を持つ社員』使命で動くシリーズvol.2 木村智浩

今回インタビューしたのはGaiaxの労務マネージャー(兼任)の木村さん。Gaiaxは、テレワーク・ワーケーション、複業(ダブル正社員、起業)などはじめ、多様な働き方をメンバー自らが生み出している組織です。多様な働き方においては、いかにメンバーが主体性を発揮し、自律的にキャリアを設計し能力を開発していける環境を整えるかが鍵となっています。 そのような文化・組織づくりに関わっている労務マネージャーの木村さんにインタビューをしました。

「ガイアックスの向いている未来は、爆発的な変化だ」と感じた日

人の関わりが、つながりが、もっと幸せを生み出すものにしていきたい。そして社会を変えていきたい。そんな思いで日々活動している私ですが、先日行われたガイアックス社員総会に参加して心に残った、ガイアックス代表上田さんのお話の中での言葉を2つ紹介したいと思います。
Yuji Ueda And Maki Yamane

社名とミッションの由来となった 映画「ガイアシンフォニー」の威力

“ガイア”という言葉は、学生時代に鑑賞した映画「ガイアシンフォニー」に感銘を受けて、そのコンセプトでもある“地球はひとつの生命体である”という考え方に共鳴。一言では説明しきれないほど深い意味があって、その“ガイア”という言葉がいただければ、会社のメッセージやコンセプトにつながっていくのだろうなという漠然としたイメージがありました。
Gaiax_journal

【海外立ち上げ奮闘記】サンフランシスコ赴任が決まるまでの道のり編

海外事業に関わるきっかけになったのは入社二年目になる前くらい?のフィリピンにある子会社GaiaX Asiaの設立計画で勝手に会議に参加し始めたことが最初でした。 GaiaX Asiaの経緯は大先輩の石川さんに任せるとして、今でこそ色々な案件の運用をし、規模も広がっているフィリピン拠点でしたが当時は案件数も少なかったため、 現地の一部のメンバーと一緒に自称セールス&マーケティング担当として海外営業を始めました。