Positive Psychology Dialog 2.0

「より善く生きる」ことが必要な時代のポジティブ心理学の役割とは。ー「日本一オーラのない監督」がチームを大学選手権2連覇に導くまでー

変化が激しく、正解など分からない現代、自分がより善く生きる為には一体どうすれば良いのか。人々のwell-beingな状態を研究し、近年注目を集めているポジティブ心理学を知り実践に移していくことでそのヒントが見えてきます。今回はポジティブ心理学の基礎的な知識について学習し、それを実践することで早稲田大学ラグビー部を大会ニ連覇に導いた中竹さんのお話をご紹介します。
トマト

信じること~1.3万個の実をつけた奇跡のトマトと重なるオルタナティブ教育のアプローチ

オルタナティブ教育オタクの私ですが、近年最も話題なのはGoogle、Amazon、Facebook、Microsoft創業者、ピーター・ドラッカー、アンネ・フランク、最近で有名なのは藤井聡太四段、彼らが幼少期にうけたモンテッソーリ教育でしょう。Google創業者2人は、Googleの成功の秘訣はモンテッソーリ教育にあると言っています。
Montessori School

Google、Facebook、Microsoft創業者やピーター・ドラッカーを生んだモンテッソーリ教育

先日、ウェルビーイング研究、ポジティブ心理学の研究をされている慶應大学大学院前野隆司教授のご夫妻の銀婚式イベントに出席させていただきました。前野教授はこの分野の日本のトップランナーですが、なんと前野夫妻ともにこの分野の研究に取り組まれていて、奥様の前野まどかさんは『月曜日が楽しくなる幸せスイッチ』というポジティブ心理学の研究結果を活かしやすい入門書籍を出されています。