Ueda

ビデオ会議でのオンライン就活面談ってどうよ

オンライン面談をするのであれば、これまでの常識をわざわざ通用しにいかせる必要性のない世界なだけに、オンラインならではの楽しみ方や味わい方を模索しなくてはならないのでは?僕は、未来のオンライン就活面談の正解には、短時間&即時性を取り込む必要があると思っている。

「総合職」×「世界一周」!? なぜ会社はそのような働き方を許容するのか?その実態に迫る。

前回のインタビュー(2019年3月)で年間2~3回ロングホリデーを取得しながら働くとおっしゃっていた肘井さん。なんと2020年は、1年間「世界一周」に出かけるという。上司であるSOC事業部の重枝さんに参加いただき、「なぜ事業部としてそういった働き方を許容するのか」をメインにお話を伺いました。
寺井るな

やりたいことがない私を肯定してくれたガイアックス。 この度卒業します!

はじめまして!新規事業チームインターン生の寺井です!私は2019年の8月からガイアックスの新規事業チームでインターンを開始しましたが、2020年1月をもってインターンを卒業する運びとなりました。はじめてのブログが退職ブログになってしまいましたが、読んで下さる方に何かきっかけを与えられるようなブログになればいいなと思います。

やっと見つけた理想の環境。オランダに移住します。

ソリューション事業本部本部長 兼 ソーシャルメディア事業部事業部長の管です。来月からオランダに移住することにしました。目的は、仕事で成果を出すため。会社への貢献と、ライフミッションの実現ができるように、頑張ります!
日比朝子

【GaiaKitchen Lightning Talk 06】『ティール組織』著者フレデリック・ラルーとの出会いまでの道のり

ソーシャルメディアマーケティング事業部の日比朝子です。私は今、ティールジャーニーキャンパスというイベントの運営(世話人)をしています。このイベントでは、『ティール組織』の著者であるフレデリック・ラルーさんと、Gaiax代表の上田さんと対談が決まりました。実はラルーさん、家族が大好きで、年に2回しか出張をしないんです。そんなフレデリック・ラルーさんと私たちの出会いまでの道のりと、なぜ私がティール組織のカンファレンスに携わっているのか、『興味を持ったらひたすら動く』というメッセージについてGaiaKitchenでお話させていただきました。

『コンフォートゾーンから抜け出すことで ”自由” はつくれる』使命で動くシリーズvol.3 重枝義樹

今回インタビューしたのは、ソーシャルメディアマーケティング事業部副部長の重枝さん。Gaiaxは、「人と人をつなげる」という理念のもと、社会課題を解決するために様々な事業に取り組んでいます。そのなかのひとつ「ソーシャルメディアマーケティング事業部」には約30名のメンバーが所属し、クライアント企業の最適なソーシャルメディアマーケティングの実現に取り組んでいます。今回は、副部長として活躍している重枝さんにインタビューをしました。
Interview-小東真人-top

本業に向き合ってはじめて、副業でチャンスを掴める。Gaiaxの「靴磨くマーケター」小東さんが語る複業論

さまざまな働き方を選択しているGaiax社員の中でも、とりわけユニークなキャリアを形成しているソーシャルメディアマーケティング事業部の小東真人さんをインタビュー。「革靴人口を増やすこと」をミッションに、革靴の魅力を広める小東さんが現在の働き方のスタイルを確立するまでの道のり、複業を成功させるための秘訣に迫りました。
Masahito Kohigashi

私が会社勤めながら自分の商品をプロデュースするまで

革靴と靴磨きが大好きで、複業家として色々なところで靴磨きを行っています。実は先日、有名なブロガーの方々とご縁があって、「初めての革靴磨きセット」を彼らと一緒に作って販売することになったのです。今回はその経緯についてご報告します。
Daisuke Suga At Work Design Award

社長じゃなくても働き方は変えられる?ただの事業部長が完全リモートワーク化を達成できた理由

先日、日本人材機構が主催する「SELF TURN× Work Design Award」のリモートワーク部門で、僕が事業部長を務めるソーシャルメディア事業部(以後、SOCと呼びます)を表彰していただいた。これは新しい働き方を推進している企業・人を表彰するアワードで、東京ミッドタウンで行われた表彰式とトークセッションにも参加してきました。