「60%でとりあえず」が鍵!プロダクト開発で本当に重要な事とは

プロダクト開発は事業の生存を左右します。だからこそ費用やコストを使ってしまいがちですが、本当のプロダクト開発とはいかに「そこそこ」でローンチできるかです。今回はスタートアップスタジオ開発担当者に本当に重要な要点をお話ししてもらいます。

「もっと“生きている状態”で働きたい」スタートアップスタジオで活躍する富士茜音さんが語る、ガイアックスの「自由と責任」

私たちGaiaxは、“使命で動く” というPhilosophy (経営哲学/企業理念) を持っています。使命で動くとは、世の中の課題を自分ごととして捉え、ビジョンや問題意識を打ち出し、ムーブメントを生み出すことで社会を巻き込み実現すること。 そんなGaiaxメンバーの様子を連載で紹介していく「使命で動くシリーズ」、今回は2020年卒の新入社員メンバーにガイアックスの「自由と責任」について思うところを話してもらいました。ご覧ください!

36歳で社会人インターン?京王電鉄社員がガイアックススタートアップスタジオにやってきた

「京王もオンラインのノウハウが強くない」リアルな場だけでは成立しない事業も増え、厳しくなった鉄道事業の環境。オンラインという、よりリアルではない点も考えなければいけないという視点から、京王電鉄からガイアックスへインターンをしている中嶋さんが、どんなことを感じているのか?その思いを綴っています。

中学生でもわかる仮説検証の意味!実例をもとに優しく解説

仮説検証とは、予測した物事や状況の真偽を確かめることです。事実情報に基づいた実験や観察などを通じてステップを踏みながら検証していきます。今回はガイアックス・スタートアップスタジオで行っている仮説検証の実例をもとに解説します。
Yoshinori Sasaki

『ガイアックスほど、先が読めない会社はない』 佐々木喜徳

ガイアックスでは「人と人をつなげて社会や個人の課題を解決するための事業を生み出す」をミッションに掲げ、それを実現するための手段として起業を考えている人への投資やサポートを行っています。様々な事業を生み出すスタートアップスタジオの責任者を務めつつ、技術開発部の本部長も兼任する佐々木さんが掲げる使命についてお聞きしました。