skip to Main Content
TEDGlobal 2014

脳科学で発展したマインドフルネスの次の世界 〜シリコンバレーのエグゼクティブが取り組んでいること

みなさんもご存知かもしれませんが、ガイアックスの最年少部長の管さんの信頼マネジメント、幸福経営の記事が昨年、今年とたくさん見かけられるようになりました。これが私にすごく影響を与えました。人事の仕事に携わっていると、心理学の様々な情報が入ってきます。その中でも「ポジティブ心理学」はこれまでの常識を覆し、組織運営者にコペルニクス的転回を求める研究結果でした。
Future Proof Workshop

5月14日【FUTURE PROOF vol.1】「食×シェアリングエコノミー」で新しい未来を創る、アイディア創出&事業化イベント

社会が抱える課題をシェアリングエコノミーの力で解決しよう!人・物・場所などを「所有」ではなく「シェア」する新しい経済概念「シェアリングエコノミー」。この分野に注力するGaiaxと共に新しい未来を創りたい人が集まり、アイディア作りから事業化まで実現していくワークショップ「FUTURE PROOF」テーマを変えて毎月様々な社会課題に挑戦し、その解決方法を生み出していきます。
Ideation

問題意識を深掘り、サービスを創ろう!その感覚を高めるアイディエーション

先日、社内で行われたアイデーションのワークショップに参加しました。アイディエーションとは、平たく言うと「アイディア出し」のことで、スタートアップスタジオを掲げるガイアックスとして、新規事業につながりそうな新しいひらめきを見つけよう!という目的で行われました。
Yuri Umetsu

Challengedへの思い

私は若いころほんの少しですが母親の介護を経験しました。若かったこともあり頼る人も思いつかず、とても不安だったなと思っています。その経験から介護やchallenged(障がい者)というキーワードをずっと脳のどこかに意識をしていて、私の経験を活かして何ができるか?悩み迷い続けています。人生のターニングポイントや転職を考える時期は業界へ入ろうかとも思いました。
Suga

ハピネス経営の成功事例になりたい/株式会社ガイアックス ソーシャルメディアマーケティング事業部長 管大輔

親の経営を間近で見ていて、独立するだけなら誰でも出来るんだなということが、良くも悪くも分かってしまったんですよね。独立すること自体には意味がないんだなって。親の会社で働いてくれてた社員の方々にはとても良くしてもらってたんですが、会社や両親への不満を聞くことも多かったんです。だから漠然と、自分が独立するなら、働いている人たちがみんな自信を持って前向きに仕事に取り組める会社を作りたいと思っていた気がします。
Yuji Ueda

強力な精神的エネルギーをメンバーからどう引き出すか

3月7日(水)、エンプロイー・エクスペリエンスに着目した日本初の経営者と総務・労務・人事担当者が集う日本最大級のカンファレンスイベント<Employee Experience Summit>に当社代表の上田が登壇するのにあわせ、ウェブメディア「おかんの給湯室」にてインタビュー記事を掲載いただきました。 社員のモチベーションアップ、"出社しがいのある場所"としてのNagatacho GRIDなどについて話をさせていただきました。
Culture Embassy

カルチャーエンバシー発足!…ってそれなぁに?

さて、2018年が始まって約2週間。ガイアックスグループでは一つの大きな取り組みが始まりました!! 「カルチャーエンバシー」発足しましたっ♪───O(≧∇≦)O────♪ カルチャー(Culture)=文化 エンバシー (Embassy) =使節団 直訳するとよく分からないのですが… やろうとしていることを単刀直入に表現すると「部活やります!」
GRID Operation Team

CHALLENGEDメンバーがガイアックス新オフィスGRIDのビル運営をしています!

ガイアックスグループは、今年1月にNagatacho GRIDに引っ越しました。移転先の永田町では、なんとガイアックスがビル運営をすることに。私にとっても初めてのビル運営。是非、Challengedメンバーと一緒にチャレンジしたい。今日は、そんな思いから生まれた、Challengedメンバーの増員についてご紹介します!
FASTGROW Article

FASTGROWに上田のインタビュー記事が掲載されました。

新産業・イノベーション領域にフォーカスしたビジネスメディア、「FASTGROW」に代表の上田の取材記事が掲載されました。上場経験者を含め、起業家や事業家を多数、輩出してきた企業として注目頂き、なぜ起業家が生まれやすいのか、ガイアックスの社風や仕組みについて話をさせて頂きました。
Back To Top