働き方改革の末路

ガイアックスでは新しい働き方を目指して、日々変化し続けています。では現場では、実際どんなことが発生しているのでしょうか。上田のブログを転載します。

【イベントレポート】GaiaKitchen ガイアックス四半期社員総会に参加してみました!

日本生まれ、インドやアメリカ育ちで、上智大学4年の瀧田 桃子です。普段はNEW STANDARD (旧TABI LABO)の経営企画室でインターンをしています。今回ガイアックスを偶然知って興味を持ち、ガイアックスの社員総会GaiaKitchenに参加してきましたので、その内容と感想を紹介させていただきます。

なぜ僕たちは映画上映をするのか?

なぜ、ガイアックスは、そして、NagatachoGRiDでは、シリアスな映画の上映をするのか。そして、食事も提供していろいろ語れるようにしているのか。それは「社会問題を解決するため」。上田のブログを転載します。

人生の10%を故郷・富山に還元。週1日フリーランス蓑口さんが語る、ライフミッションを実現する働き方

はGaiaxに所属しながらダブル正社員、週1フリーランスと、ユニークな働き方を選択している蓑口恵美さん。自身のライフミッションを「幸せに働ける人や地域づくり」と掲げてきた蓑口さんは、ライフミッションを実現するために働き方を選択しつづけています。今回はキャリアの経緯、自身の故郷である富山への想いや活動に迫っていきます。

20周年を迎えて Beyond Boundaries 〜境界を越える〜

2019年3月5日、ガイアックスは設立20周年を迎えました。20周年目の想いを代表の上田より、ブログにて複数回に渡り、届けさせていただきます(内容は20周年パーティで配布の冊子に記載のものです)。

tiny peace kitchenで一緒にはたらく新しい仲間を探しています

この度、tiny peace kitchenで新しい仲間を募集することになりました。 私たちは「まいにち、家庭料理を食べよう」をコンセプトに、永田町という都会のど真ん中で、手作りのご飯を作り続けています。 ”家庭料理カフェ”という業態を作り出し、都会の中にいながら、実家でお母さんが立っている台所のような存在になりたいと思っています。

【寄稿文】ガイアックスには、新しい働き方、イノベーションを通じて、持続可能な社会作りをリードしてほしい

いよいよ5月から「令和」の時代に年号が変わりました。「令和」とは、平成の時代の「失われた30年」に終止符をうち、「和」という言葉が持つ様々な意味によって新しい日本を「宣言(令)」をする時代の転換期です。今回は、ガイアックスのファンで、そんな「令和」の「和」の名前をニックネームにしている水谷和也さんにガイアックスの面白さについてインタビュー頂きました。
Interview-小東真人-top

本業に向き合ってはじめて、副業でチャンスを掴める。Gaiaxの「靴磨くマーケター」小東さんが語る複業論

さまざまな働き方を選択しているGaiax社員の中でも、とりわけユニークなキャリアを形成しているソーシャルメディアマーケティング事業部の小東真人さんをインタビュー。「革靴人口を増やすこと」をミッションに、革靴の魅力を広める小東さんが現在の働き方のスタイルを確立するまでの道のり、複業を成功させるための秘訣に迫りました。

【Booked #06】佐藤航陽『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』から考える価値の変容

2019年4月14日(日)、Nagatacho Gridにて本を読まずに参加できる読書会「Booked」が開催されました。6回目の開催となる今回、ピックアップした本は佐藤航陽さんの著書『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』です。イベントを通してお金の事実や新しい経済の形について理解を深めていきます。

【イベントレポート】副業をスキルアップに繋げるためには? 副業戦国時代を生き抜くキャリア術

副業やパラレルワーク、リモートワークなど、働き方の選択肢が少しずつ広がる一方、新しい仕事のスタイルに戸惑う場面も多いもの。そんな中、2019年4月4日(木)にNagatacho GRIDにてトークイベント「スキルアップに繋がる副業には”秘密”がある!副業戦国時代を生き抜く『キャリア術』を学ぼう!」が開催されました。3名の登壇者をお招きし、副業をうまく生かしたキャリアを築くヒントをお伝えします。