skip to Main Content

Introduction

今日からいくつかの記事を書いて、訪日観光コンサルタントを務める私の活動と経験について書かせて頂きます。仕事をしながら色々例を見る経験の中で私自身が拾って来た知識を述べさせて頂きます。最初の記事は私のミッションについて説明させて頂きます。次の記事では詳細を述べさせて頂く予定です。どうぞよろしくお願いします。

I’m going to explain in a series of articles what I do as an international tourism consultant in Japan, and try to sum up here the lessons that I have gathered from my experiences and the case studies I have observed. This first article will focus on the idea behind my work, I’ll get into specifics in later articles.

“We are the sum total of our experiences. B.J. Neblett”
「我々は、我々の経験の合計である」B.J. ネブレット

10年前誰かに「あなたは、10年後、日本の訪日観光改善に努めるコンサルタントになるよ!」と言われていたら、恐らくその人をバカにしてたかも知れません。私はその頃、日本について何も知らなかったし、高校も卒業木こり、アニメーター、俳優などの仕事をしていました。しかしその後、独学し、大学で日本を専攻して、多数の言語を使いこなせるようになって、随分変わりました。私の名前は、ハレと言います。普段は、通訳者として働いていますが、最近、国際観光コンサルタントとしても働くようになりました。「何、ありえなくない?」と思われているかも知れませんし、私自身もそう思う時が多いですが、そんなことはないのです。

If someone said to me 10 years ago that I’ll be working to disrupt tourism in Japan today… I would probably have dismissed him out of hand. Who am I to do this, right? My name Is Roland HALLER. I’m a French high school dropout, lumberjack, animator, educator, caregiver, actor, multilingual traveller, community manager, Japanese interpreter and recently I became an International Tourism Consultant in Japan. Say what? That doesn’t make any sense? Well, as much as I do agree with you, it appears that we are both wrong.

私はポテンシャルの実現、新技術、外国語、生涯学習とディスラプティブ・ラーニングなどに強い興味を持っています。私は、可能である事と実現する事の差を少なくするように励んでいます。多数の経験を通じて、変であるかも知れない経験とスキルを身に付けることができました。だから新しい課題に対しては、新しいアプローチを使えられるようになったと思っています。このバラバラの経験と全く異種の興味のお陰で、日本の文化を理解した上で西洋の世界から東洋の世界までの橋を作ろうとしています。

You see, I’m passionate about disruptive learning methods, autonomous and lifelong learning, foreign languages, new technologies and generally speaking the realisation of potentials. I work on ways to bridge the gap between what’s possible and what’s done. Through these multiple lives, I acquired an admittedly weird and convoluted experience and a skill set that allows me to engage new problems with a unique perspective. Using my formation in Japanese studies and my understanding of travellers processes, I strive to link together the worlds I know and love.

株式会社ガイアックスに入社した時、PRアシスタント、コミュニティマネージャー、日英通訳者、通訳者の訓練担当者、マーケティングアシスタントなどなどしてから、その後現在の訪日観光コンサルタントになりました。ガイアックスのミッションは「人と人をつなげる」です。私は自分の既知世界の外の人や物を発見して、お互いより豊かな自分になると言うことが旅の定義だと信じています。しかも、旅をすることは旅人の為だけでなく、その旅人と会う地元の人の為にも、最も有効な充実した機会だと思います。相手については勿論、自分についても学べるし、世界の有益な情報も得られるでしょう。その相違によって発展するだろうし、未知の世界の無限さに気付き、おそらく世界の大部分を知ることができないと言うことを悟ることもできるでしょう。自分のやり方があるが、それが一番だとは限らない。世界を知ることで、それに気付くことができる。そこに価値がある。

My work with Gaiax started with a PR assistant short term job and progressively evolved through the fields of interpretation, communication, marketing before finally come to a stop with the position of International Tourism consultant. Gaiax’s mission is to help people connect together. I believe that this is what travel is about: To meet what is « different » and confront oneself to what is « foreign » allows for both parties to enrich each other. Moreover, I think that travelling is one of the best forms of learning for both travellers and those who meet them. It is learning about yourself, about others, about the world; it is learning to be different, learning that you don’t know much and have the humility to realize you probably never will. Learning that your way is « one way », not « the good way » and certainly not « the only way » is to me a priceless lesson.

私のミッションは日本の地方自治体が訪日観光を発展させる事かできるよう手助けする事だ。自治体や、協会などが訪日外国人の見知らぬ考え方を理解出来るよう、解明してさしあげるよにしています。彼らが国際的な未来への新しい道を見つけるよう、力を加えさせて頂きます。力を加えさせて頂きます。他人の価値を理解できるよう、さらに他人に対して自分の価値を見せるようにしています。

My mission today is to help local communities to create and develop international tourism in Japan. I work with local governments and communities to provide insight on how to understand the nebulous mind of today’s foreigners coming to Japan. I help Japanese small villages and collectivities to find new paths towards an international future. I also help them to understand the value of others and, more importantly, their own value to others.

twitter
Experience+

具体的にしている事はかなりシンプルです。最近私が関わった沖縄県の今帰仁村の事例をご紹介します。Slow.Okinawaプロジェクトのメンバーは地元の国際観光を再生させ、様々な地域からくる旅人に沖縄の文化と村の名物と職人の技を紹介するために集まりました。このプロジェクトで私は、今帰仁村の多数の素晴らしい特徴を、オンラインでも魅力的に見せられるようにする、ということでした。日本へ旅行をしようとしている旅人のプロセスを明らかにし、どうすればもっと今帰仁村に興味を持たせることが出来るのかを提案しました。基礎のオンライン情報投稿の仕方からもう少し専門的なコミュニケーションやマーケティングなどのスキルを身に付けて、オンラインでもオフラインでも目立てるような方法を一緒に勉強しました。

What I’m doing precisely is quite simple. Let’s take the most recent example of the thriving small community of Nakijin in Okinawa. The Slow.Okinawa project members gathered towards this same goal of revitalising international tourism in their area. They also strive to help travellers from around the world enjoy the local culture and discover their village craftsmanship and specialities. My role in this wonderful initiative is to help them get a coherent online presence showcasing their collective talents. I explained to the project members what the process of travellers preparing their trip to Japan is and how to help them get to know Nakijin village. Ranging from very basic tips about online presence to more technical skills on online communication and marketing, we learned together how to stand out online as well as in real life.

例えば、今帰仁で一見、厳しそうだけれど、とても暖かい地元の田中さん(仮名)というおじいさんと会いました。60年代後半で「外国の方と会いたい気持ちもなくはないんですが、老けている自分自身が役に立てないだろう」という声があげて下さいました。相談して質問して、尊敬すべきお年に関わらず、山歩きが大好きで、毎日登ったら季節の山菜や、野菜や草花などを拾って、その日収穫したものでご飯を作る習慣があることを聞きました。料理もとても上手だそうでして、三線も趣味で引いていらっしゃるとのことでした。しかも長い間、地元の祭に参加していて沖縄の伝承と歴史にも非常に詳しいと習いました。彼自身に知られずに非常に豊かな経験があることに驚きました。私はそのスキルの稀少性を
そのことに気づき、現在は、村の観光体験の一番の有望株になっているとのことです。

In Nakijin for example, I met with Tanaka-san1 – a coarse, yet warm, local from the village. At 60 years old, he felt like although he really wanted to meet foreigners and participate in the initiative, he was too old and couldn’t bring anything to the table. So we talked together and after a few questions I learned that despite his respectable age, he had the habit of spending his afternoons hiking in the nearby woods, picking up seasonal flowers, herbs and other edible vegetables. He is also said be a terrific cook and he plays the sanshin as a hobby. He also participated for many years in the diverse festivals and is very knowledgeable about Okinawa’s history and customs. I was amazed at the wealth of experience that he has, unbeknownst to him. So I helped him understand how precious these skills could be to the curious traveller. We went over all of his treasures of culture and designed together ways to present them to foreigner in the positive light it deserves. As a matter of fact he now has created one of the village’s most promising tourist attractions.

Roland Haller
IMG_1562 Lite

What am I be doing soon

これから先そのワークショップを担当させて頂き、皆様の地元でも似たような進取を作れるようになるよう、出来るだけ習ってきた知恵、諸注意などをシェアーするようさせて頂きたいと思います。

次回からは、もう少し具体的な工夫なども、書かせて頂きますので、お気軽にコメント、評論、質問を投稿していただけますようにお願い申し上げます。私自身が回答させていただきます。

これから2020年に向けて、日本がより地元の人と伝統を尊重している新たな観光のリーダーになることを楽しみにしております。

In the coming months, I’ll be having more of these conversations, and I will share with you advice and know-how that might help you kickstart similar initiatives in your communities. I will be writing more skill-oriented posts in the near future, so don’t hesitate to comment, critic or ask any question.

I’m looking forward to Japan becoming a leader of this new kind of tourism – more respectful of its inhabitants and traditions. Because travel isn’t about what you have seen, it’s about who you have become.


Back To Top