久保田 善博

2017年さまざまなシェアリングエコノミー関連サービスが登場しましたが、share!share!share!ではシェアリングエコノミーを生活に取り入れ、仕事や副業として活用している方々に注目し、インタビュー取材に力を入れてきました。

今回紹介するMiraieはシェアハウスと民泊、そしてアーティストを招いてのワークショップを開催するなど、複合的な価値を提供する場所。特長は、家族で運営をしているということ。家族が暮らす一軒家で、どのようなシェア生活が実現できるか、色々と考えながら進めているそうです。

この記事では、シェアハウス+民泊+ワークショップスペース+料理教室と多彩な魅力を詰め込んだ「Miraie」の運営をするヨウさん(弊社のメンバー佐別当の奥さん)にインタビューし、彼女がどのような価値観を持ち、生活しているのかに迫りました。

All for My family. ~私がMiraieを続ける理由


久保田 善博

久保田 善博

2001年からWeb制作会社でWebデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、IT企業を数社経て2010年にガイアックスへ入社。新規事業のWebマーケティングやシェアリングエコノミーメディアshare.jpの運用を担当。その後、デジタルコミュニケーション事業部にてWebコンサルティングチームに所属。副業として、一般社団法人日本ふるさと手しごと協会に参画。2019年企業のWebマーケティング支援に伴走するように取り組む株式会社Banso(バンソー)を起業。「中小企業の価値あるサービスを分かりやすく伝え、事業の成長を共に喜ぶ。」を経営理念とする。中小企業のWebサイトの集客を最適化するコンサルタントとして活動中。株式会社Banso(https://banso.tokyo.jp