skip to Main Content

久保田 善博

弊社のメンバー佐別当が中心になり進められた「渋谷区上原シェア保育園」プロジェクトが11日間で1億7400万円を調達し、大きな注目が集まりました。シェアハウスと保育園を組み合わせることで、“開かれた施設運営”が可能になり、都心部での待機児童問題解決の可能性を示すことができるケースワークとして、このプロジェクトへの期待の高さが感じられます。

この記事では、コアメンバー3名にインタビューし、どの様にプロジェクトが進められたのかを紹介しています。

11日間で1億7400万円を調達。保育園+シェアハウス+民泊が合体した新しい保育の世界


久保田 善博

2010年5月入社。BtoB企業サイトのデザインや新規事業のWebマーケティング担当を経て、現在はデジタルコミュニケーション事業部でコンサルタント業務に従事する。WACA公認 上級ウェブ解析士。
2017年よりシェアリングエコノミー事業を利用して活躍するホストを紹介するメディアShare!Share!Share!の編集長を務める。
また、副業として一般社団法人日本ふるさと手しごと協会を立ち上げ、メンバーとなる。

Back To Top