地域体験のCtoCマッチングサービス「TABICA」 体験の提供者が全国47都道府県を”制覇” 〜「趣味を活かした気軽な副業」TABICA説明会を開催〜

CtoC体験予約サービス「TABICA(たびか、http://tabica.jp/ )」※は、地域の魅力や自身の趣味を活かした体験の提供者(以下、ホスト)の登録が全国47都道府県全域に広がりました。また、4月1日から施行される働き方改革関連法をきっかけとした副業ニーズの高まりを背景に、「趣味を活かした気軽な副業」をテーマとしたTABICA説明会を開催します。  TABICAでは、仕事で培ったスキル、生活の知恵や趣味を活かして、簡単に体験サービスの提供を始められます。実際に、趣味として散歩を楽しんでいた方や、鎌倉のカフェ巡りが好きな方がTABICAのホストになり、参加者からの好評を博しています。また、ホストは金銭収入だけでなく、体験を通じた新しい出会いが体験提供を続ける動機になると言います。 ※:株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)が運営しています。

株式会社ガイアックスと島根県益田市との 連携協定締結の決定および協定式の実施について

地域体験のCtoCマッチングサービス「TABICA(たびか)https://tabica.jp/」を運営する、株式会社ガイアックス(所在地:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)と島根県益田市は、2019年3月23日、益田市ならではの「地域資源」や「ひと」の魅力を活かした着地型観光体験(体験・滞在型プログラム、以下プログラム)の開発をおこなうべく、連携協定を結ぶこととなりました。両者は、TABICAでの着地型観光体験を通して持続可能な地域づくりを実現し、著しく人口が減少する地方における地方創生のロールモデルとなることを目指します。つきましては、下記のとおり協定式を実施します。

シェアリングエコノミーを含むプラットフォームビジネスの ビジネスデザイン支援「新ビジネス創出スターター」サービスを開始 〜超上流工程から運用工程までをワンストップで提供〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)とビジネスイノベーションハブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:白井 和康、以下ビジネスイノベーションハブ)は、シェアリングエコノミーを含むプラットフォームビジネスのビジネスデザイン支援「新ビジネス創出スターター」サービスを開始します。 当サービスにより、プラットフォームビジネス開発プロジェクトにおけるビジネスデザインからプラットフォーム運用までをワンストップで提供が可能になります。

地域の暮らしを体験できる着地型観光型サービス「TABICA」と 佐賀県多久市が新たに「多久市偏愛紀行」を本日開始 〜人と地域の魅力を起点に、少子高齢化時代の地域活性化へ〜

地域の暮らしを体験できる着地型観光型サービス「TABICA」と 佐賀県多久市が新たに「多久市偏愛紀行」を本日開始 〜人と地域の魅力を起点に、少子高齢化時代の地域活性化へ〜

プログラミング学習教材の株式会社テックピットに AI・ディープラーニングの専門家 井上博樹氏が参画 〜教材全体の品質管理&専門性の高い教材の拡充へ〜

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)の出資先である株式会社テックピット(本社:東京都千代田区、代表取締役:山田 晃平、以下テックピット )は、井上博樹氏が、株式会社テックピットのアドバイザーに就任したことをお知らせします。  井上氏は、現在に至るまでオンライン動画学習プラットフォームでのべ約76,000名にAI・ディープラーニング・プログラミング講座を提供中し、プログラミング学習指導における様々な実績を有します。今後、井上氏はこれまでの豊富な経験をもとに、株式会社テックピットのサービスサイト「Techpit Market(テックピットマーケット)」で提供される教材の品質担保を担当し、自身もAIやディープラーニングの教材を提供していきます。

定額で全国住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービスを展開予定 「株式会社アドレス」への出資を完了 〜R不動産及および佐々木俊尚氏らエンジェル投資家も共同出資〜

株式会社ガイアックスは、当社従業員が設立した、定額制で全国どこでも住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービスを展開予定の株式会社アドレスへの出資を完了しました。またアドレスへの出資は、新しい視点で不動産を発見し紹介するWEBメディア「東京R不動産」を運営するR不動産株式会社、住所不定をテーマにしたモビリティブランド「ONFAdd」などを展開する株式会社ニューピース、佐々木俊尚氏(ITジャーナリスト)、須田仁之氏(ベンチャーアクセラレーター)らのエンジェル投資家からの出資もあわせて完了し、家入一真氏(株式会社CAMPFIRE代表取締役、連続起業家)らの著名人もアドバイザーとして参画します。 アドレスは、都心部と地方が人口をシェアリングすることを目指し、月額4万円から全国住み放題の多拠点コリビング(co-living)サービス「ADDress(アドレス)」を2019年4月から開始する予定です。

TRUSTDOCK、改正犯収法によるネット完結の本人確認の新手法に全て対応する、本人確認アプリを来春より提供予定 〜2020年4月厳格化対応や、公的個人認証による本人確認もアプリに内包〜

株式会社ガイアックスの出資先である株式会社TRUSTDOCKは、フィンテックサービスでの郵送不要の口座開設を実現する、改正犯罪収益移転防止法(以下 改正犯収法)の施行規則六条一項の新手法「ホ」「へ」「ト」に対応した本人確認アプリを、2019年春以降に順次、提供開始します。 提供する本人確認アプリは、現在稼働中のe-KYC/本人確認APIサービスとセキュアに連携することにより、銀行や証券口座開設時の本人確認だけでなく、個人融資や海外送金、仮想通貨取引所や各種トークンサービス、買い取り等の古物商やフリマも含め、あらゆるオンラインサービスのアカウント開設時や取引時のe-KYC/本人確認を郵送不要で実現します。