skip to Main Content
ガイアックス、NTTドコモと訪日観光客向け新サービスで協力 〜インバウンド観光客向け暮らし体験シェアサービス「WOW! JAPAN Experience+」開始〜

ガイアックス、NTTドコモと訪日観光客向け新サービスで協力 〜インバウンド観光客向け暮らし体験シェアサービス「WOW! JAPAN Experience+」開始〜

暮らし体験マルシェ「TABICA(たびか)、http://tabica.jp/」を運営する、株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)は、あなたの訪日体験をより楽しく・豊かにする観光情報サイト「WOW! JAPAN(https://wow-j.com/jp)」を運営する、株式会社NTTドコモ(以下NTTドコモ)と協力し2017年8月21日(月)より、日本の達人・職人が提供する“文化体験プログラム”に気軽に参加できるインバウンド観光客向けシェアサービス「WOW! JAPAN Experience+(ワオ ジャパン エクスペリエンスプラス)(https://exp.wow-j.com/)」を開始します。
地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA」、 シェアリングシティ宣言都市 長崎県島原市と提携 〜地域が主体となった持続可能な観光体験作りを目指す〜

地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA」、 シェアリングシティ宣言都市 長崎県島原市と提携 〜地域が主体となった持続可能な観光体験作りを目指す〜

地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA(たびか、http://tabica.jp/)」(運営:株式会社ガイアックス、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775)は、総務省の「ICT地域活性化大賞2016」の奨励賞を受賞しました。そして、本日3月7日に高市早苗総務大臣が登壇し、東京ビッグサイトで開催されるシンポジウム「地域ICTサミット2016」にて表彰されましたことをお知らせします。
『Travel With Locals』は世界を変える。

『Travel with locals』は世界を変える。

シンガポールとタイに出張してきました。 今、Gaiaxのシンガポール・オフィスでは、石川潤と西川純平(通称:JP)を中心に「Travel with locals」という事業分野にチャレンジしています。 2016年11月に、Airbnbが既存の宿泊仲介の次の新機軸として「Trips」というサービスを開始しましたが、これがまさにTravel with localsです。
地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA」、 総務省の地域活性化大賞2016で奨励賞を受賞 ~地元の「人」の魅力を活用した新しい観光を開発~

地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA」、 総務省の地域活性化大賞2016で奨励賞を受賞 ~地元の「人」の魅力を活用した新しい観光を開発~

地域の暮らしを体験できる着地型観光サービス「TABICA(たびか、http://tabica.jp/)」(運営:株式会社ガイアックス、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775)は、総務省の「ICT地域活性化大賞2016」の奨励賞を受賞しました。そして、本日3月7日に高市早苗総務大臣が登壇し、東京ビッグサイトで開催されるシンポジウム「地域ICTサミット2016」にて表彰されましたことをお知らせします。
ビルまるごとシェア体験!NagatachoGRIDオープニングパーティーの様子をお届けします!

ビルまるごとシェア体験!NagatachoGRIDオープニングパーティーの様子をお届けします!

2月24日にNagatacho GRIDのオープニングならびにシェアリングエコノミー協会とGaiaxの移転パーティーを開催しました。のべ1700名の皆様にご参加いただけ、とてもセンセーショナルで運営側も予測のできないつながりが生まれた、まさにGRIDのオープニングにふさわしい一夜となりました。本当にありがとうございました。 今回はゆっくり各階を見ることができなかったという方や参加ができなかった方へ、当日の様子をお伝えしたいと思います。
ガイアックスらしいオフィシャルサイトへ

ガイアックスらしいオフィシャルサイトへ

企業のオフィシャルサイトとはどうあるべきなのか?求められる要件をいろいろ考えてみた。 ・商品情報やサービスのスペックが分かりやすい? ・投資家にとって、ディスクローズされた情報が見やすく分析しやすくなっている? ・ガイアックスで働くことに興味を持っている方が、雇用条件について理解しやすくなっている? まぁ、たしかにそうかもしれない。これらはこれらで大切である。当然ながら、しっかりと作り上げる必要がある。ただ、これだけでは何か重要なことが抜けているように思える。
Back To Top