skip to Main Content
協業コンソーシアム「三陸おもてなしステーション」、 岩手・三陸エリアでのインバウンド増加を目指す実証実験を開始 ~経済産業省「IoT活用おもてなし実証事業」の取り組み~

協業コンソーシアム「三陸おもてなしステーション」、 岩手・三陸エリアでのインバウンド増加を目指す実証実験を開始 ~経済産業省「IoT活用おもてなし実証事業」の取り組み~

株式会社ガイアックス(所在地:東京都千代田区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775)をはじめとする9社は、経済産業省の「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)」を活用し、株式会社ガイアックスを代表法人とする協業コンソーシアム「三陸おもてなしステーション(Sanriku Omotenashi Station)」として、2017年8月22日(火)から岩手・三陸エリアにおいてインバウンド増加を目指す実証実験を開始します。
Back To Top