skip to Main Content
ボードゲームが生み出す疑似家族のような空間

ボードゲームが生み出す疑似家族のような空間

2017年のガイアックスの夏は、テレワークデイならぬテレワークシーズン、そして、さらには、親子連れ出社など、新しい永田町のオフィスNagatacho GRIDで、様々なトライを有志社員がやっています。この夏は、妻がGRIDで仕事したり、子どもがGRIDで遊んでいたり、いろんな実験をさせていただきました。
ガイアックスという見晴らしの良い景色

ガイアックスという見晴らしの良い景色

はじめまして、ブランド推進室の清水です。 長年勤めていた会社を思い切って辞めて、ガイアックスの扉を開けたのはつい先月のこと。少し慣れてきたかな?気のせいかな?ぐらいの、ほやほやのニューカマーです。 今回はまだ入社して間もない、しかも ITとは無縁の世界で長年生きてきた私がガイアックスに入って驚いたことや、感じた事をお伝えしたいと思います。
A Family Day At Gaiax

A family day at Gaiax

先週、ガイアックスでファミリーデーを開催しました。リモートワークを推奨する『テレワークシーズン』の一環として、また、ガイアックスメンバーがNagatacho GRIDをプライベートでも自由に使うことができることを知ってもらいたいという意図で企画されました。
”テレワークデイ”ならぬ”テレワークシーズン”開始! まずはやってみるというスタイル

”テレワークデイ”ならぬ”テレワークシーズン”開始! まずはやってみるというスタイル

こんにちは。ブランド推進室の岡野です。 前回はGaiax本社のあるGRIDについて書きましたが、今回はこの夏実施する「テレワークシーズン」という企画について書きたいと思います。 テレワークシーズンとは? 今年は総務省が7月24日(月)をテレワークデイとして設定し、現在もテレワーク実施企業を募っています。もともとGaiaxは、テレワークを含め自由度の高い働き方をもった会社なのですが、テレワークデイをきっかけに、もっと色々な人にGaiaxの働き方を知ってもらいたいという想いからスタートしたのが「テレワークシーズン」という企画です。
多様性が企業の成長につながる!ということもあるけれど、とどのつまり「嬉しい」ということなんじゃないかと思いました。

多様性が企業の成長につながる!ということもあるけれど、とどのつまり「嬉しい」ということなんじゃないかと思いました。

2017年5月6、7日に原宿駅ほど近い代々木公園で東京レインボープライドが開催され、Letibeeもブース出展をしたので、そのときに思ったことを書きたいなと思います。 どこまでも個人的な感想になりますがお付き合いいただければと思います。
現場目線の女性活躍推進について先進企業が講演 5 月 26 日 EDGE と日経 BP マーケティングが共同開催~ 女性活躍推進法施行 1 年、多様な人材を活かす組織とは ~

現場目線の女性活躍推進について先進企業が講演 5 月 26 日 EDGE と日経 BP マーケティングが共同開催~ 女性活躍推進法施行 1 年、多様な人材を活かす組織とは ~

EDGE 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原 資寛、以下 EDGE) は、人事・ダイバーシティ担当者、企業経営者、行政および教育機関にて女性活躍推 進に携わる方を対象に、「女性活躍推進法施行 1 年、多様な人財を活かす組織とは」 と題したセミナーを 2017 年 5 月 26 日(金)に EDGE 本社 セミナールーム(東京都千 代田区平河町 2-5-3 Nagatacho GRID 6F)にて開催いたします。
運命の分かれ道、「かける思い」ってやつ

運命の分かれ道、「かける思い」ってやつ

私は、2008年、大学3年のとき、ガイアックスにインターンとして入社した。正直、就職活動に失敗したからだ。将来やりたいことも自分の強み弱みすら、真剣に考えていなかった。親に教わったレールを進めば、自動的に大企業に就職できると思っていた。なんとかなると思っていた。でも、そうではなかった。このままではダメだ、なんとかしなきゃという一心で、ガイアックスに飛びこんだ。
培った常識や価値観は、たぶん意識的にアップデートしたほうがいい

培った常識や価値観は、たぶん意識的にアップデートしたほうがいい

Gaiaxのグループ会社である株式会社レティビーの榎本です。 インターネットの会社に就職して気がついたらセクシャルマイノリティの研修やメディアを運営している会社の代表になっていました。会社の説明はこんな感じです。http://letibee.com/ セクシャルマイノリティ(レズビアンとかゲイとかバイセクシャルとかトランスジェンダーとか)についてそれをまったく知らない人と話していると、たまに音が聞こえるくらい「あ、この人の価値観がアップデートされた」と感じることがあります。
ベンチャー企業の育児休業取得者

ベンチャー企業の育児休業取得者

こんにちは。総務部の梅津です!日頃は設備や備品の管理をしています。そんな私が初めて育児休業を取ったのは2009年のことでした。その当時のガイアックスの平均年齢はまだ20代。育児休業をとったことのあるスタッフは当時おらず、私自身にとっても、会社にとっても全くもって、未知の世界でした。育児休業や妊婦に対する世の中の理解もまだまだ薄かったのです。とにかく何から手を付けていいのか・・労務担当と四苦八苦の連続でした。
Back To Top