スクールガーディアン事業部 佐々木由起子

yukiko sasaki
佐々木 由起子
事業リーダー 

ソーシャルメディアを利用することで、さまざまな人たちの意見や考えが流通し、議論が広がり、世の中は今後ももっとよくなっていく。そんな未来を生きる子どもたちにソーシャルメディアを積極的に活用できる力を身につけてほしい。そのような想いでこのサービスを推進している。

 
 

なぜやってるのか

事業ミッションイメージ

「子供たちが健全にインターネットを使える環境を目指して」

ミッション実現のために私たちができること。

①子供たちの書き込みを見守り続ける
②ネットいじめやネットトラブルを乗り越えるお手伝いをする
③子供たちや学校がソーシャルメディアを活用する世の中をつくる
④周囲の大人(教員や保護者)のリテラシー向上をサポートする

これらを価値として提供し、この価値を問い続けることで、社会的に未熟な世代におけるネット上のトラブルの未然防止に努め、周囲の大人たちと協働しながら、子どもと子どもたちを取り巻く環境作りを目指していく。

事業の目指すところ

事業ミッションイメージ

・子どもたちが、インターネットやソーシャルメディアから新たな世界や多くの人とつながることで、自分の世界が広がる”喜び”を当たり前に実感できている。そして、子どもたち自身の発信が世の中を動かし、自らの未来を創り上げ、世界に影響を与えていることが日常となっている世界。

・学校や先生、周囲の大人たちも恐怖心を持たずに活用できるようになり、”スクールガーディアン”のサポートがなくとも子どもたちと対峙し、社会的に未熟な世代に対するトラブル解決の道筋が作り上げられている状態

提供しているソリューション

http://school-guardian.jp/

  • 子どものネット利用状況の実態把握と情報の提供
  • ネットトラブル発生時の最善の解決策の提示
  • インターネットやソーシャルメディアに対する意識向上を促す啓発機会の提供
  • 「いじめ防止対策推進法」への対応など、学校経営におけるリスクマネジメントの支援