エアリー事業部

エアリー事業部 佐原資寛

motohiro sahara
佐原 資寛
事業リーダー 

企業や組織において、人が成長し、モチベーション高くいられることが、今後の競争力の源泉となり、そこにはコミュニケーションが必須だと思います。社内SNSを通じてそれらを支援することが我々の使命であり、事業の存在価値だと思っています。

 
 

なぜやってるのか

ミッションイメージ

「人財育成」

新卒採用におけるミスマッチや、育休復帰後に前向きにキャリアアップしていけないなど、企業や組織において、人の成長を阻害する要因は多々あります。

また、その多くが正しい情報を知ることやコミュニケーションを図ることで解決できるものであるとも思っています。

我々は社内SNSを通じて、「入社予定の企業で働くイメージを持ってもらう。」「育休復帰後のロールモデルを探す。」「会社方針をアルバイト従業員にも理解してもらえるように発信する。」などの解決策で働く人のモチベーションを高め、組織内の情報共有による創発を通じて人財育成に貢献します。

事業の目指すところ

ミッションイメージ

ポジティブなコミュニケーションがあふれ、それによって人が育ち、企業や組織が育つ。

提供しているソリューション

airy diversity ロゴ

http://diversity.airy.net/

エアリーダイバーシティは、育休中も会社とのつながりを感じ、復職後の両立への不安をなくし、ロールモデルを見つけ、スムーズな復職とその後の活躍を支援するための社内SNSです。

育休中も会社とつながる 

長期休業中も会社の情報を見て、つながりを感じ不安を解消。また復職をイメージして準備してもらうことで、会社復職時の心構えもできお互い準備万端での職場復帰が可能。

復職後の両立を支援

一番大変なのは、育児と仕事を両立する期間。先輩からの情報や周囲で両立している社員との交流でノウハウを得たり勇気づけられ、一番大変な時期を乗り越えられます。

ロールモデルの発見、
キャリア支援

復帰後も会社人生、キャリアは続いていくもの。子育てと同じく長いスパンで自分のキャリアを考えたときに、多くの先輩とSNSで交流することで最適なキャリア、ロールモデルが見つかります。


airy freshers ロゴ

http://fresher.jp

エアリーフレッシャーズは、SNSを通じて内定期間中に会社や同期とつながり、不安を解消しミスマッチを防ぎます。また会社理解を深め、モチベーションを高めることで、スムーズな入社とその後の活躍を支援します。新入社員研修時の研修内容定着やOJTでの現場、上長、人事の連携強化にも効果を発揮します。

feature1

内定者と企業の
相互理解の促進

いつでも繋がれるSNSという環境を用いて、内定者が企業を、企業が内定者を相互に理解しあえる仕組みを用いてミスマッチを防ぎ、新卒採用における不幸を少しでも減らします。

feature2

入社後の活躍の
素地を作る

先輩社員の働く様子や社風を内定期間から理解し、企業に対して愛着を持って入社を迎えることで、入社後の困難に折れず、前向きなキャリアを歩めるような支援をします。

feature3

新入社員育成

新入社員研修における学びをSNSを通じてアウトプットさせることで理解度を測ったり、配属後にブラックボックス化されてしまう育成状況をSNSを使って見える化することで、新入社員育成と定着に貢献します。