社内SNS「Co-Work(コワーク)」がより業務に最適なSNSにリニューアル ~タスク依頼とファイル共有に加え、チャット・タグで業務に使える社内SNSに~

2014年4月15日

株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)は、2003年4月から1年間で建設・営業会社など1000社以上の中小企業に提供している社内SNS「Co-Work(以下コワーク)」を、業務に最適に活用できるよう機能強化しました。

日常業務でより使えるように情報の「共有」だけでなく「議論」「整理」の3つに役立つことを目指します。新機能として日常業務のグループコミュニケーションを補完するチャット機能や、グループ内の投稿を整理するタグ機能などリリースし、年内3,000社への導入を目標としています。

グループ内の情報をタグで整理、視認性を向上

タグはグループ内の情報をカテゴリーのように簡単に分類し、整理する機能です。グループ毎にタグの種類は10個に制限し色分けができるため、投稿者にとってはタグ付けが簡単で、閲覧者は何についての投稿か一目でわかります。スマートフォンにも対応しているため、営業や現場の外出先でも便利に利用できます。

また投稿済みの情報をタグで絞って抽出できるため、「日報の情報だけ閲覧したい」など過去の必要な情報だけにアクセスすることが簡単になります。

  • タグ機能の活用法はこちらをご参照ください

タグ機能

特定のタグの投稿を一覧表示

投稿やファイルを起点にチャットを開始、業務スピードを向上

「コワーク」は、グループ内全員が同じ情報を共有し、タスクの依頼や資料の共有などオープンにやりとりすることで、伝言ゲームや情報格差による無駄をなくす、新しい働き方を提案しています。一方、「メンバーを限定して深く議論したい」、「事前に調整が必要なときに一部の関係者だけでやりとりしたい」といった要望が挙げられていました。

そこでオープン性を重視しつつ、グループに投稿された情報やファイルの投稿者に対して会話が始められるチャット機能を開発。必要に応じて他のメンバーもチャットルームに追加でき、リアルタイムで議論できるようになりました。これまでメールや電話など別のツールを利用していたユーザーにとってはコミュニケーションツールが一つになることで利便性が向上し、チャットで議論した結論やグループ全員に共有すべき情報だけをグループへ投稿することで、閲覧者にとっては価値ある情報が共有されやすくなりました。

チャットはリアルタイム性が高い一方で、不在時の投稿確認が負担になることが課題視されています。「コワーク」ではグループのタイムライン形式のやりとりを主体とし、補助的な役割としてチャットを位置づけています。

  • チャット機能の活用法はこちらをご参照ください

チャット機能画面

個人の仕事をラベルで整理、メモで必要な情報を補足

社内SNS「Co-Work(コワーク)」の概要

「オープンに働く。シンプルに使う。」を目指して、関係者全員が同じ情報を同じグループで共有し、オープンにやりとりすることで情報の無駄をなくす、新しい働き方を提案している「コワーク」。Facebookのようなタイムライン形式でITツールが苦手な人にとっても使いやすいと中小企業を中心に利用が広がっています。

非効率の原因となっているメーリングリストやCCメールによるグループの情報共有をやめて、社内の情報の見える化と見落としを防ぎ、情報マネジメントを効率化します。重要な情報が埋もれず、ファイル共有・管理が簡単。社内だけでなく社外メンバーともシームレスに情報が共有できることが特長です。

社内SNS「Co-Work(コワーク)」

ご利用イメージお試し利用プロジェクトで利用全社利用
プラン フリープラン エントリープラン カンパニープラン
月額料金
(一人あたり月額単価)
無料 5000円(50円)
※100名利用時
6000円から(300円)
※最低利用20名
作成できるグループ数 10個 25個 無制限
ストレージ容量 200MB 5GB 20GB(1名追加毎に1GB増量)
ユーザー数 100名まで 750名まで
(20名以降は1人追加毎に月額300円)
その他機能 Google Appsアカウント同期、ユーザー一括登録、外部ユーザー数無制限
管理者権限、IP制限
アカウント管理機能

※ 契約期間は1ヶ月または1年。1年申込みの場合、1ヶ月分を割引
※ あらかじめ作成されているグループを除き、新規に作成できるグループ数
※ 料金はすべて税別です

目的・対象を明確にした活用が社内SNS成功の鍵

ガイアックスではこれまで、内定者フォローや新人育成、産休・育休者など、利用対象や目的を絞ったSNS、「エアリー」シリーズをのべ1,500社以上に提供してきました。
しかし、「社内SNS」として企業全体で利用する場合、「全社交流」など利用目的が曖昧だと、利用者が定着しないといった課題がありました。そこで、業務利用を前提に機能を絞りプロジェクトや、日常業務の生産性を高めるコミュニケーションツールとして、「コワーク」を開発しました。

企業内ソーシャル市場は年平均40%の成長率

近年のFacebookやツイッター普及に伴い、企業内ソーシャルの市場が世界中で急拡大し、海外では2016年に64億ドルの市場(Forrester Research調べ)に、国内でも年平均40%の成長で、2016年には関連市場も含めて500億円の市場(IDC Japan調べ)になると予測されています。その中でも、中堅・中小企業向けのSMB(スモール&ミディアム・ビジネス)市場が注目されています。


関連URL
業務に使える社内SNS「Co-Work(コワーク)」   https://co-work.com/


著作権表記
(C) 2014 GaiaX Co.Ltd.All rights reserved.


サービス名表記/サービスロゴ
Co-Work(コワーク)

コワークロゴ


お問い合わせ

株式会社ガイアックス
コーポレートコミュニケーション推進部  担当者: 小谷・佐別当(さべっとう)

TEL 03-5759-0306
FAX 03-5759-0303