ガイアックス、『Facebookページのファンになってからの「イメージ」「行動」の変化についての調査』を発表 ~非認知層、非ロイヤリティ層のファン獲得において、懸賞キャンペーン経由は それ以外に比べて約2倍の貢献をしている~

2012年6月15日

Facebookの企業向けマーケティングツール「Fantastics(ファンタスティクス)」(以下、Fantastics)の展開に力を入れている株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775)は、ジー・プラン株式会社(本社:東京都千代田区)と共同で『Facebookページのファンになってからの「印象」、「行動」の変化についての調査』を実施しましたので、結果を発表いたします。

調査の詳細と解説は、下記のGaiaXソーシャルメディア ラボの記事をご覧ください。

調査総括

ウォール投稿への「いいね!」、「コメント」の頻度が高いユーザーのほうが、イメージ向上やブランド記憶のにつながっている。具体的には以下のような差が出ました。

1ヶ月に1回以上の頻度で、ウォール投稿に「いいね!」・「コメント」する人は、そうでない人に比べて

イメージが良くなった割合が 6.62倍

ブランドを覚えた割合が 3.90倍

ブランドに興味を持った割合が 3.30倍

ブランドに親近感を持った割合が 2.88倍

ブランドの商品を購入してみたくなった割合が 3.20倍

ウォール投稿への「いいね!」、「コメント」の頻度が高いユーザーのほうが、商品の検討・購入につながっている。具体的には以下のような差が出ました。

1ヶ月に1回以上の頻度で、ウォール投稿に「いいね!」・「コメント」する人は、そうでない人に比べて

商品、サービスを利用した割合が 3.40倍

商品、サービスの利用を検討した割合が 4.06倍

商品、サービスを購入した割合が 2.48倍

非認知層、非ロイヤリティ層のファン獲得には懸賞キャンペーンが有効に働いており、他の手段がきっかけの場合よりも約2倍、キャンペーンに貢献していることがわかった。

調査概要

調査方法: インターネットリサーチ
調査地域: 全国
調査対象: 属性、年齢は指定せず
有効回答数: 2007サンプル
調査日時: 2012年4月9日(月) ~ 2012年4月15日(日)
対象者条件 Facebookに会員登録をしており、Facebookページに「いいね!」をしたことがある
調査主体: GaiaXソーシャルメディア ラボジー・プラン株式会社

主要な調査結果

「いいね!」や「コメント」の頻度が高いユーザーのほうが、イメージ向上につながっている

ファンになっているFacebookページのウォール投稿への「いいね!」、「コメント」の頻度と、イメージ向上などブランディング効果の相関関係を調べました。

この結果、「イメージが良くなった」、「ブランドを覚えた」、「ブランドの事に詳しくなった」、「ブランドに興味を持った」、「ブランドに親近感を持った」の項目で、ウォール投稿への「いいね!」、「コメント」頻度が低いユーザーに比べて、高いユーザーのほうが総じて高い値を示しています。
つまりイメージ向上などのブランディングを目的としてFacebookページを運用する場合、ウォール投稿に対して「いいね!」、「コメント」をしてくれるユーザーを増やすことが、ひとつの指標になっていると考えられます。

※ クリックすると拡大します

「いいね!」や「コメント」の頻度が高いユーザーのほうが、商品の検討・購入につながっている

ファンになっているFacebookページのウォール投稿へ、「いいね!」や「コメント」をする頻度と、ファンになった後に、商品の購入などのアクションを起こすユーザーとの相関関係を調べました。

※ クリックすると拡大します

この結果、やはりウォール投稿への「いいね!」、「コメント」の頻度が高いユーザーのほうが、商品の検討・購入につながる、という傾向があることが分かりました。逆に、ウォール投稿への「いいね!」、「コメント」の頻度が低い、もしくはないユーザーは、何のアクションもしない、という傾向があることが分かりました。

また、その他のアクション「サービス利用」、「利用検討」などでも同様の傾向が見て取れます。
つまり、Facebookページを用いた顧客育成のステップとして「ファンになる→関与度を高める(ウォール投稿へのいいね!、コメントを貰えるようになる)→商品の利用検討、購入」という流れが考えられます。

懸賞きっかけでファンになったユーザーのほうがブランドイメージの向上につながっている

Facebookページのファンになったきっかけが「懸賞キャンペーン」か「それ以外」で場合分けをし、「ブランドイメージの変化」がそれぞれどのようになっているかを調べました。
この分析は、懸賞キャンペーン経由のユーザーが、懸賞に参加しただけで終わらずに、その後にイメージの向上につながっているのか?の傾向を見るために行ったものです。

この結果、懸賞キャンペーンがきっかけでファンになったユーザーは、それ以外のきっかけでファンになったユーザーと同程度かそれ以上の割合で、イメージ向上につながっていることが分かりました。

懸賞がきっかけでファンになったユーザーのほうが購入などのアクションにつながっている

Facebookページのファンになったきっかけが「懸賞キャンペーン」か「それ以外」かで場合分けをし、商品の購入などのアクションにつながっているかを調べました。
この分析は、懸賞キャンペーン経由のユーザーが、懸賞に参加しただけにとどまらず、その後の購買などにつながっているのか?の傾向を見るために行ったものです。

この結果、懸賞キャンペーンがきっかけでファンになったユーザーは、それ以外のきっかけでファンになったユーザーと同程度かそれ以上の割合で、商品の検討、購入、利用につながっていることが分かりました。

非認知層、非ロイヤリティ層の獲得には懸賞キャンペーンが有効

Facebookページのファンになったきっかけが「懸賞キャンペーン」か「それ以外」かに分けて、ファンになる前の企業との関係性(元々ロイヤリティが高い状態だったか等)を調べました。

この結果、その企業との関係性において、
 

  • 知らない企業(ブランド)だった
  • 元から知ってはいたが、好きな企業(ブランド)ではなかった(商品の購入経験あり)
  • 元から知ってはいたが、好きな企業(ブランド)ではなかった(商品の購入経験なし)

と答えたユーザーは、懸賞がきっかけでFacebookページのファンになっている人が多く、つまり、非認知層、非ロイヤリティ層のユーザーと接点を作るために、懸賞キャンペーンが有効に働いていることが明らかになりました。


関連URL
ガイアックスソーシャルメディア ラボ              http://gaiax-socialmedialab.jp/
株式会社ガイアックス             http://www.gaiax.co.jp/jp/
ガイアックスのFacebook活用支援サービス  http://gaiax-socialmediafactory.com/
ジー・プラン株式会社                                      http://www.gpoint.co.jp/company/index.html


著作権表記
本リリースの引用・転載は、必ずクレジットを明記していただきますようお願い申し上げます。
例:「株式会社ガイアックスとジー・プラン株式会社が実施した調査結果によると・・・」

(C) 2012 GaiaX Co.Ltd.All rights reserved.
COPYRIGHT (C) 2002-2012 G.plan inc. ALL RIGHT RESERVED.


株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月5日
資本金:1億円
代表執行役社長CEO:上田祐司
従業員数:378名
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F(総合受付6F)
事業内容:ソーシャルメディア構築・運営・監視とソーシャルアプリサポートなど、ソーシャルメディアとソーシャルアプリに関わるすべての業務を提供


ジー・プラン株式会社 概要(2012年2月末現在)
設立:2001年2月9日
資本金:2億9600万円
代表取締役社長:金子毅
本社所在地:東京都渋谷区渋谷3-26-18 矢倉ビル6F
事業内容:ポイント交換マーケットプレイス「G ポイント」の運営、インセンティブポイント発行サービス「G ポイントギフト」の提供、ターゲティングメール・メールマガジン「G ニュース」の提供


お問い合わせ

株式会社ガイアックス  プロモーションマーケティング部  担当者: 井出(いで)

TEL 03-5759-0331
FAX 03-5759-0303