skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

シンガポールとタイに出張してきました。
今、Gaiaxのシンガポール・オフィスでは、石川潤と西川純平(通称:JP)を中心に「Travel with locals」という事業分野にチャレンジしています。

2016年11月に、Airbnbが既存の宿泊仲介の次の新機軸として「Trips」というサービスを開始しましたが、これがまさにTravel with localsです。
https://japan.cnet.com/article/35092402/

単なる観光ツアーで歴史や食べ物を楽しむのではなく、現地の人々と交流し、地元のコミュニティーに溶け込み真の理解に繋がり、一体感を感じる体験ができる、それがTravel with localsの価値といわれています。いわば「体験(Experiences)」のシェアリングエコノミーです。

Gaiaxでは、Airbnbが参入する以前からこの分野に注目し、1年以上前から「TABICAというサービスを日本で展開してきました。
このTravel with localsは今、世界的なブームになりつつあり、アジア各国で同時多発的に、サービスが次々立ち上がっています。

そんな中、バンコクを拠点にタイでTravel with localsを展開するのが、TakeMeTourです。

同社はガイドブックに載っていない、タイの現地の人しか知らない個人向けローカルツアーを45都市で500以上提供。Local Expertと呼ばれる現地の案内人の登録数は1万1000人を超えています。

共同設立者であるタロー・アモンチェド氏(Taro Amornched)氏は、グーグル・シンガポール(Google Singapore)で、広告・マーケティングを担当していたという経歴の持ち主で、500 Startupsやタイの大手通信会社から出資を受け急成長中です。

GaiaxはこのTakeMeTourと2016年12月に提携を結んでおり、今後の両者の関係性について協議するのが、今回の海外出張の主な目的でした。

Gaiaxのシンガポール拠点では、TakeMeTour社の他にも、ベトナムのTriipやケニアのナイロビを拠点にするi-likelocalなど、Travel with localsのサービスを提供する世界各国のスタートアップとのネットワークを着実に広げています。

Travel with localsの本質は「体験を通じて世界中の人々がつながること」です。まさに「人と人をつなげる」というミッションを持つGaiaxが取り組むにふさわしい。

シンガポールを拠点にして、Travel with localsのグローバル・プラットフォームを作れたら面白いな、などと妄想しながら、一週間の出張を終えました。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

野澤 直人

1995年にコンサルティング会社に入社後、マスコミ業界に転じビジネス誌の編集責任者として多数のベンチャー経営者を取材。その後、海外留学関連の新興企業で、広報、人事、新規事業立ち上げ等に従事し、2010年に中小ベンチャー企業に特化したPR会社・株式会社ベンチャー広報を設立。2014年に当社執行役に就任。明治大学政治経済学部卒。

Back To Top