skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

当社スクールガーディアン事業を開始してから今年で10年。先日、お世話になってきた先生方、事業を様々な形でサポートいただいてきた企業の皆さま、そしてこれまで事業に携わってきたメンバーがNagatacho GRIDに大集合し、スクールガーディアン感謝祭が開催されました。

school guardian 10th anniversary
Yu Hirata
school guardian

私は、10年前、大学在学時にインターンとして事業の立ち上げに参画しました。

思い出すことがあります。(私の永遠の元)上司と当時の役員と3名でアポに行った帰りの山手線。2人が、子どもたちとICTの関わり方の未来についてアツく議論をしていた姿です。いまでも鮮明に覚えています。10年前は、ソーシャルメディアに誰もが書き込む時代ではありませんでしたので、市場をつくるところから行う必要がありましたし、そもそも目の前の事業がまったく立ち上がっていないのに、未来についてアツく語っている。やっぱり私たちがやるべきですよね!と、山手線で肩を抱き合うような勢いでした。なんなんだこの人たちはと。大学生だった私にとって、とても強烈でした。

思いが事業をつくるのだということを知りました。

その思いが今日まで灯り続けていたから、10年を迎えることができたのだと思います。

私たちが扱うコミュニケーション領域の変化は速さを増しています。これまで以上に、何のための事業なのか、何だけは変わらないのか、未来を描き続けたい。先生方の声と向き合いながら、お役に立てることにきちんと取り組んでいきたい。10年という節目で、事業の思い、皆さまとのご縁に立ち返ることができました。足を運んでくださった皆さまと、このような場を設けてくれた現事業メンバーに感謝しています。

Akiko Suginohara

感謝祭の様子を個人ブログに書きました。ぜひのぞいてみてください。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

杉之原 明子

2008年に株式会社ガイアックスにインターンとして入社。学校裏サイト対策サービス「スクールガーディアン」事業の立ち上げを経て、2014年、アディッシュ株式会社取締役に就任。2016年、ガイアックスグループで働く女性の、一歩踏み出す姿を発信するWebサイト「Needle-Movers」をオープンさせる。

Back To Top