skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

株式会社ベンチャー広報の代表として、書籍を出版しました。

タイトルは『【小さな会社】逆襲の広報PR術』。ベンチャー企業、スタートアップ、中小企業など、小さな会社がマスコミから取材されるための実践的な広報PR手法を余すことなく公開しています。

※書籍の詳細はこちら https://www.v-pr.net/book/index.html

過去に、広報PR関連の書籍は多数出版されていますが、その大半が「大企業の広報PR」に関するものばかりで、実は「小さな会社」の広報PRについて書かれた書籍というのは、世の中にほとんどありません。

この現状を打破したいと考えたのが、今回の書籍を執筆した動機です。

15年前に、私があるベンチャー企業の広報マンとしてキャリアをスタートさせたばかりのころ、私は書店の棚に並んでいた広報PR関連の書籍を片っ端から購入して読み漁り、勉強会やセミナーにも毎日のように参加していました。しかし、そのほぼすべては、大企業の広報PRについての情報でした。中小・ベンチャー企業の広報担当者として、仕事で成果を出すために本当に役立つ情報は極めて少なく、たいへん困ったことをよく覚えています。大企業と小さな会社では、そもそもとるべき広報PRの戦略・戦術が異なるからです(時には正反対の場合も!)。

この本は、中小企業やベンチャー企業、スタートアップなどの小さな会社の広報担当者として、日々奮闘する方々のために書きました。15年前、私が駆け出しだったころに、「こんな本があれば役に立つのに……」と思った内容を現実化したものです。

naohito nozawa

また本書では、単なる手法やノウハウの紹介にとどまらず「プレスリリースの一斉配信不要論」に象徴される、従来の広報PRの常識をくつがえす新たな価値観を提唱しています。大企業で広報PRに携わっている方からすると非常識に思える内容も多々含まれていますが、その「非常識」こそが小さな会社では正解になるという、パラドックス(矛盾や逆説的状況)があるのです。

さらに、私がこの本で特に伝えたかったこととして、「(とりわけ小さな会社において、)広報PRは経営課題を解決する有効な手段になりうる」という視点があります。

大企業の広報担当者は、組織の歯車として機能すればそれで十分かもしれませんが、小さな会社の広報担当者はそれだけではダメで、常に「経営者感覚」が求められます。そうでなければ、広報PRで経営課題を解決することはできません。この業界では、大企業で実績を積んだ優秀な広報担当者でも、ベンチャー企業の広報部に転身すると失敗するケースが多い、とよく言われるのですが、それは、この経営者感覚の欠如に原因があるのではと常々感じています。

私は、自ら創業した株式会社ベンチャー広報(PR会社)を経営するかたわら、ガイアックスという上場企業の役員も務めています。その経験が本書を執筆する上で大変役に立ちました。

いつも最高のクライアント満足を目指して頑張ってくれている株式会社ベンチャー広報の社員の皆さん、いつも私を支えてくれる株式会社ガイアックスの皆さまの多大なるご支援ご協力があり、本書を出版することができました。

関係者の皆様に、改めて御礼申し上げます。

【小さな会社】逆襲の広報PR術

追記
『【小さな会社】逆襲の広報PR術』は、現在、amazonにて販売中です。
http://amzn.to/2qy5UwV
もしご興味頂けるようでしたら、この機会にぜひお買い求めくださいませ。

  • 社内のプロカメラマンが撮るスタッフの写真撮影会社内のプロカメラマンが撮るスタッフの写真撮影会 私は、ガイアックスの執行役をしながら、株式会社ベンチャー広報(https://www.v-pr.net)というPR会社を経営しています。“ベンチャー企業やスタートアップ専門”という日本でも珍しい、ユニークなPR会社です。この会社を私が創業してから8年、おかげさまで順調に事業が拡大し、最近では特に、シェアリングエコノミーの事業を行うスタートアップからの依頼が増えています。これも […]
  • なんとなーく就活しようとしていた私が、ガイアックスに入社を決めるまでなんとなーく就活しようとしていた私が、ガイアックスに入社を決めるまで こんにちは! […]
  • 次世代のリーダーを育成する”シェア研修”次世代のリーダーを育成する”シェア研修” 新卒採用・人事の藤堂です。 4月になり、ガイアックスでも新人を迎えましたが、社会人として日々の業務を進めていくための基本的な知識/スキル、マインド/姿勢を身につけるため、新人研修を行っています。 […]
  • 地雷問題・子ども兵問題に取り組むNGO理事の鬼丸さんから感謝状を頂きました!地雷問題・子ども兵問題に取り組むNGO理事の鬼丸さんから感謝状を頂きました! 地雷問題や子ども兵の課題に取り組むNGO「テラ・ルネッサンス」今日は、特別なお客様をお迎えすることができました。 「テラ・ルネッサンス」というNGOをご存知でしょうか。地雷問題や、子ども兵の問題など、資源をめぐる植民地争いや各国での戦争など、 20世紀の爪痕が未だに強く残っている国々があります。その課題解決のため、アフリカ・東南アジア各国で活動しているのがテラ・ルネッサン […]

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

野澤 直人

1995年にコンサルティング会社に入社後、マスコミ業界に転じビジネス誌の編集責任者として多数のベンチャー経営者を取材。その後、海外留学関連の新興企業で、広報、人事、新規事業立ち上げ等に従事し、2010年に中小ベンチャー企業に特化したPR会社・株式会社ベンチャー広報を設立。2014年に当社執行役に就任。明治大学政治経済学部卒。

Back To Top