skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

営業マンから食堂のおばちゃんへ

初めてこちらでブログを書きます。荒井智子と申します。
ガイアックスに新卒で入社して3年半が経ちました。
営業マンとしてこの会社に入り、今はなぜは食堂のおばちゃんになりました。笑

なぜ、営業マンだった私が、食堂のおばちゃんになったのか。
その経緯は、ガイアックスのneedle moversというプロジェクトブログに記載しています。

一言で言うと、自分のライフミッションと、理想のワークスタイルを追い求めた結果、
会社から新しいことに挑戦するチャンスをもらった、という感じです。

ガイアックスには食堂施設がないので、実家の一室を厨房にリフォームさせてもらい、
ケータリング形式の移動型食堂を続けていましたが、この度ガイアックスの本社移転に伴い、
リアルなカフェを始めることになりました!

ガイアックスの新しいオフィスビル(Nagatacho GRID)の1Fに、
tiny peace kitchenというカフェをオープンしました。

tiny peace kitchen

とにかく「普通のごはん」が食べたい

tiny peace kitchenのコンセプトは、「家庭料理を、まいにち食べよう」です。
都会で忙しく働いている人ほど、家庭料理に飢えているものです。
まだ食堂を始める前、私のなんてことない家庭料理を食べに、同僚たちがよく家に遊びに来てくれていました。
そんなに凝ったものは作らないし、高級な食材を使うわけじゃない。
でも、みんな、とっても喜んでくれたんです。

私自身、疲れている時に実家で母の手料理を食べたり、
具合が悪い時に旦那さんがなれない手つきで作ってくれたご飯を食べたりすると、
涙が出そうなほど、ココロもカラダも癒されてきました。

そんな「普通のごはん」をたっぷり食べられるお店があったらいいのに。
味の濃さとか、油っこさとかでごまかしていない、カラダが喜ぶような普通のごはん。

偏った健康志向でなんだか物足りないようなご飯でもなくて、
お洒落すぎて食べた気がしないようなカフェ飯でもなくて、
いつでも食べたくなるような普通のごはん。

シェフ目線ではなく、主婦目線で。
お母さんが家族のために作るような、栄養たっぷりのごはんを目指していきます。

tiny peace kitchen 食事

都会で忙しく働く人にとって、保健室のような存在になりたい

カラダの健康だけじゃなくて、ココロの健康も本当に本当に大切だと感じています。
でも、忙しく働いていると、自分のココロの声に耳を傾けるのはなかなか難しいですね。

学校には保健室があるのに、会社には保健室がない。
でも、会社員だって、しんどくなってどこかに駆け込みたいときがあるよ!って思います。

仕事終わりに飲みにって発散するのもいいかもしれないけど、大変な時ってそんな時間を
捻出することもできなかったりするし、
もっと身近に気軽にリフレッシュできるような
空間があればいいのに・・・
って営業マン時代に切実に思っていました。

そんな時に思い出したのが、学生時代にお世話になった、大学生協の幸子さん。
大学生協が運営するカフェでコーヒーを販売していた幸子さん。
大学院時代に論文執筆に息詰まって大変だった時に、
幸子さんと一言二言交わすだけで本当に元気になれたので、
毎日彼女のもとにコーヒーを買いに行っていました。

tiny peace kitchenは、永田町で忙しく働く人にとって、
幸子さんみたいな存在になりたいと思っています。

そのために最高なメンバーを揃えて、毎日笑顔でお待ちしています。

樗木亜子
tiny peace kitchen

生きることと働くことを近づけたい

そんな感じで、お店にかける熱い思いを持って、絶賛開店準備中だったのですが、
なんとリーダーである私は、11月から産休に入りました。
前代未聞ですね。開店前に産休に入るリーダー。

もちろん悩みました。こんなことが許されるのか?となんども頭を抱えました。
でも、ワガママいって、カフェも子供も同時に生む決断をさせてもらいました。

結婚した時に、「30歳までには子供生むよ〜」と旦那さんに宣言していましたが、
いざ仕事が波に乗ってくると、なかなか仕事を離れる決断をするのは難しいもので・・・

悩みすぎて、思わず社長たちに相談しました。
ガイアックスの社長である上田と、アディッシュの社長である江戸に。
2人とも男性なのに笑

「子供も事業も生みたいよ!でもどうしたらいいのかわからないよ!」とわめく私に、
2人とも、「なんとかなるよ」と言ってくれました。

チームを作った上で、完全にすべての情報共有をしておけば、なんとかなる、と。
そうなのか・・・

そして、カフェと子供の両方を同時に生み出す覚悟を決めた私のもとに、
最高な仲間たちが集まってくれたのです。
私の不在時に責任者を任せたい!と思った旧友が、ジョインを決めてくれたとほぼ同時に、妊娠発覚。
もはや神からのお告げレベル。

かねがね、日本では「生きること・暮らすこと」と「働くこと」の距離が遠いな〜と感じていました。
でも、私はもっと生きることと働くことが近づくようなスタイルを見つけたかった。

仕事か家庭かで悩むのではなくて、自分なりに両方を大切にできる、
一番気持ちがいいスタイルを見つけたかった。
だから、そんなチームを作っていきたいと思います。
メンバーと支え合いながら、ある種の社会実験です!

3名で始まったチームも、今は10名を超えるチームに・・・
リーダー不在というあり得ない状況で、
お店を創り上げてくれているみんなに感謝の気持ちしかありません。

産休中の私ですが、お店が気になって仕方が無いので、
赤子を抱えて、ちょくちょくお店に立っていますので、
ぜひお腹を空かせて遊びに来てくださいね。

tiny peace kitchenのSNSアカウントはこちらから

Facebook:https://www.facebook.com/tinypeacekitchen
Instagram:https://instagram.com/tinypeacekitchen

  • tiny peace kitchenのシークレットパーティーを開催しました!tiny peace kitchenのシークレットパーティーを開催しました! 2017年度も桜と共にスタート!なんだかシャキッと背筋が伸びますね。 私も4ヶ月の産休育休を終え、今週から少しずつ職場復帰です。 ブログでのご報告が遅くなりましたが、 先日tiny peace […]
  • 快適なワークプレイスは自分たちで作る!快適なワークプレイスは自分たちで作る! 爽やかな春の陽気に誘われてちょっとしたピクニックとかしたくなる気候になりましたね。この季節にぴったりの最近のGRID情報をお伝えします♪ 朝ヨガスタート 4月からCloud9(屋上)で開始した朝ヨガ。骨盤矯正やパワーヨガなど毎回違ったテーマで開催されるヨガを太陽の光をたっぷり浴びつつ行うので、リラックス&リフレッシュして仕事に臨めます。誰でも参加できるので、最近ではご […]
  • 未来への扉未来への扉 Gaiaxはオフィスを五反田から永田町に移転しました。 移転先は、〝日本で一番シェアが体験できるビル″というコンセプトのもと、当社が企画設計し、6階建てのビル一棟全部を丸ごとリノベーションした『Nagatacho […]
  • インドNo.1アクセラレーターがやってきた。インドNo.1アクセラレーターがやってきた。 先日、インドのNo.1アクセラレータ GSF India(http://www.gsfindia.com)とインドの有力スタートアップ5社が来日し、永田町GRIDでミートアップを行いました。GSF […]

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

荒井 智子

2013年4月にガイアックスに入社し、2年間法人営業・海外営業を担当。2015年に「働く人の心と身体を健康にしたい!」と会社に訴え、社内でケータリング型社員食堂をスタート。2017年、社員食堂を進化させた形でNagatacho GRIDにカフェtiny peace kitchenをオープン。

Back To Top