skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下ガイアックス)の100%子会社であり、内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」(以下、エアリーフレッシャーズ)を提供するEDGE株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐原資寛、以下EDGE)は、累計2,000社30万人以上の利用実績を誇るエアリーフレッシャーズ事業において、2017年卒向けサイトの利用者である内定者(約3万人)の状況を分析し、内定承諾後の辞退傾向を調査しました。

6月をピークに9月いっぱい続く辞退の申し出

2017年卒は経団連加盟企業の選考開始時期が6月1日に変更された初年度であり、前年の同8月1日と比較すると2ヶ月間の前倒しとなっています。
内々定の期間が長くなり各社の内定出しのタイミングが分散したことで、6月をピークに9月ごろまでは内定辞退が発生しています。6月の経団連加盟企業の内定出しで安心した採用担当者が夏場にかけて予期せぬ辞退になやまされるという構図が見て取れます。

NEW_2017卒辞退率比較コラム用画像

卒業直前に辞退の申し出

入社間近の3月になり辞退の申し出が増える傾向があります。卒業できないという理由以外に複数内定を保持している学生が辞退の申し出をせず、入社直前になり辞退の連絡をしてくるというケースが多数報告されています。
「社内報に新入社員紹介ページを作成したいと連絡をしたら、電話口で辞退したい旨を伝えられた」「年明けから一切連絡が取れなくなり、入社直前になりメールで辞退の意向を一方的に通告してきた」という声も聞かれました。
長くなった内定保持期間に学生の状況を把握する術を採用担当者が持っていないと、こうした事態に見舞われることから、内定者と採用担当者との間のコミュニケーション手段に注目が集まっています。

内定者フォローサイト「エアリーフレッシャーズ」導入数昨年比2割増 見えない内定者の心境把握に進む専用サイトの活用

2018年卒も同様のスケジュールであることから上に出てきた卒業直前の辞退で入社予定人数の目論見が外れた企業などが、早期に内定者の動向を把握するために、専用サイトの導入を進めています。
内定先や同期となる他の内定者とのコミュニケーションを通じて内定先への理解を深め、また入社に向けた安心感を醸成する効果を見込む企業も増えています。2018年卒におけるエアリーフレッシャーズの導入社数は昨年同期比で2割増加(2017年6月時点)しています。

関連URL

EDGE株式会社オフィシャルサイト http://www.edge-inc.co.jp/
内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」 https://fresher.jp/
女性活躍推進のためのSNS「エアリーダイバーシティ」 https://diversity.airy.net/
従業員満足度が劇的に向上する社内SNS「エアリー」 https://airy.net/

株式会社ガイアックス 概要

設立:1999年3月
代表執行役社長:上田 祐司
本社所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID
事業内容:ソーシャルメディア・シェアリングエコノミー事業、インキュベーション事業
URL:http://www.gaiax.co.jp/

EDGE株式会社 概要

設立:2017年4月3日
代表取締役社長:佐原 資寛
所在地:東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID 3F(受付:1F)
事業内容:内定者フォロー・新入社員研修SNS「エアリーフレッシャーズ」、従業員満足度が劇的 に向上する社内 SNS「エアリー」、女性活躍推進のための SNS「エアリーダイバーシティ」の運営


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn
Back To Top