skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:上田祐司、証券コード3775、以下ガイアックス)の100%子会社で、総計3,800校に導入実績を持つネットいじめ対策事業「スクールガーディアン」を展開するアディッシュ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:江戸浩樹、以下アディッシュ)が提供するいじめを匿名で通報できる「Kids’ Sign(キッズサイン)」と、こどもセキュリティ「Filii(フィリー)」を提供するエースチャイルド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:西谷雅史)が、この度、サービス連携したことを発表いたします。

school guardian, fulii logo

スマートフォン所持者の低年齢化につき、インターネットトラブルも急増!

子どもたちのスマホ所持率は年々増加、それに比例して、インターネット上で子どもが巻き込まれるトラブルも増加しており、トラブルの多くは、誰とでも繋がることができるSNSなどのコミュニケーションツールで発生しています。
子どもがSNSを通じてどのような投稿をし、誰とやりとりしているか保護者や学校が把握するのは難しく、気が付いたら事件に巻き込まれていたというケースも少なくありません。

SNSのやりとりを保護者と見守る「Filii」、学校といじめ防止に取り組む「Kids’sign」、トラブルを事前に発見、対応

Filiiでは、保護者が子どものインターネット利用状況を把握し、危険を察知することで、子どもたちが安心してインターネットを利用することができるよう、保護者と一緒に見守ってきました。
また、Kids’ Signでは、学校への匿名での通報ができる仕組みや、ネットパトロールにていじめ、問題行動を発見し、学校と協力して対策をとってきました。
FiliiとKids’ Signが連携サービスを提供することで、Filiiで察知した危険をKids’ Signを通じて、外部へと通報することが可能になります。

service flow

連携イメージ図  ※①アラート:子どものSNS内などのメッセージを分析して、自動で保護者にアラートを通知します。

「Kids’ Sign(キッズサイン)」について

いつでも匿名でいじめの通報ができるスマホ用Webサービスです。クローズドなLINEやTwitterなどのコミュニケーションアプリやSNSなど、外から見えないところで起こっているネットいじめなどの通報を匿名で受け付け、その情報を学校に届けます。

特徴1.  周りの友達(保護者含む)のサポート、第三者による通報
悩んでいる本人だけでなく、それを見ている周りの人も「何だかおかしいな」と思ったら気軽に声をあげられる、新しいセーフティネットのかたちを提案しています。

特徴2.  夜中や夏休みなどの長期休暇中でも通報が可能
子どもたちは、24時間いつでも思い立ったときに相談・通報することができ、先生方は、いじめの実態把握やアンケートの時期を待たずとも、注意深く子どもたちを見守るべきタイミングを知ることが出来ます。

特徴3.  通報時に、写真が添付できる
写真やスクリーンショットを添付できるため、何が起こっているのかという状況が把握しやすくなり、子どもたちに根拠をもって声をかけることが可能になります。

特徴4. 有資格者による通報内容の確認
ネットいじめが行われる場所が掲示板などの公開された場所であった2007年頃から、ネットいじめを長年見守ってきた「ネットいじめ対応アドバイザー」が、そのノウハウを生かし、すべての通報に目を通しています。

「Filii(フィリー)」について

子どものスマートフォン所持率が急上昇している中で、フィルタリングや機能制限などだけでは、SNSのクローズドな環境で生じている問題に対して、保護者が把握しづらい状態になっています。
既存の「使わせない」仕組みだけでは、子どもを守るのに限界があります。そこで、子どもたちに「使わせながらも守る」その仕組みを提供しているのがFiliiサービスです。

特徴1.  ダイレクトメッセージも分析対象
外から見えないダイレクトメッセージ機能が、いじめ、出会い系、犯罪などの温床になっています。Filiiはこれにメスを入れる、唯一のサービスです。ただし、プライバシーを考慮し、メッセージ原文は見られません。

特徴2. 「一方的な監視」ではなく「共有」
保護者が見られる情報と同等の情報をお子様自身が確認できます。つまり Filii は、一方的な監視を行うものではなく、危険情報を共有し親子で身を守るための自衛手段なのです。

特徴3.  危険の早期発見
ネット上の活動データは大量で、保護者の手だけで危険の兆候を探し出すことは困難です。Filiiは、それらデータが示す状況や傾向を要約するので、効率的かつ迅速な危険の発見を可能にします。

今後も「スクールガーディアン」は、ネットいじめなどのトラブル防止や子どもたちの見守りに努め、インターネット上での子どもたちの健全かつ良質なコミュニケーションを支援するため、他社サービスとも連携しながら事業を推進してまいります。

共同コンテンツ企画URL

第1回 子どもの自殺が増える9月に私たちができること。

第2回 ネットによるいじめの現状。

第3回 子供たちを守るために私たちができること。

A's child

エースチャイルド株式会社(A’s Child Inc.)

設立: 2013年10月
代表取締役CEO:西谷 雅史
所在地: 東京都港区芝浦3-11-5 第三協栄ビル4F
事業内容:Filiiの開発・運用・展開
Filii展開に関連する情報モラル、こどものネットセキュリティ系セミナーの開催
Filii利用技術のB2B展開(データ収集/分析、レピュテーションリスクマネジメントなど)
URL: http://www.as-child.com

adish

アディッシュ株式会社

設立:2014年10月1日
資本金:3,000万円(ガイアックス100%子会社)
代表取締役社長:江戸 浩樹
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル 8F
事業内容:ソーシャルメディアモニタリング、ソーシャルアプリサポート
従業員数:アディッシュ関連会社(アディッシュプラス株式会社)/本体 362名(パート、アルバイト含む)
URL:http://www.adish.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先
エースチャイルド株式会社
Mail: info@as-child.com

アディッシュ株式会社 スクールガーディアン事業部
担当者:鈴木、平田
TEL: 03-5759-0334
E-mail:sg-info@adish.co.jp


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn
Back To Top