skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

こんにちは!
R&D技術開発部新卒の澁谷海渡です。
先日、ガイアックスの夏合宿「Gaiax Fiesta 2017」が開催されました!

summer camp sports
summer camp BBQ

この夏合宿、基本的には毎年有志が集まって企画・運営を行なっています。今年は今までの人生でやらなかったような事に挑戦していこうと密かに決意していた私は、夏合宿初参加でしたが、思い切って運営として参加することにしました。

今回は、この夏合宿の様子や感想を運営の立場からお伝えしたいと思います。

夏合宿の目的

ガイアックスでは、GRIDに移転したことによって、会社の屋上や地下など、空いてるスペースを使って仕事をしたり、近くのカフェや自宅等からリモートで仕事をしたりなど、これまで以上に個人が自分にあった働き方を自由に選べるようになりました。

これ自体はとても良いことだと思いますし、私もかなり自由に働けているのですが、一方で、こうした自由な場所・環境での仕事を続けているうちに、「自分はガイアックスで働いている」という感覚が薄れたり、普段仕事上の関わりがある人以外との交流が減少してきているようにも感じます。

そこで今年の夏合宿は、会社への帰属意識の向上や事業部を超えた交流を促進するために、地下や屋上などで働いている時に見かけたことがある人や、フリースペースで隣になったことがある人など、「普段周りにいる・見かける人」と交流するきっかけを作る場という目的のもと、「自慢できる・したくなる合宿」というテーマで開催されました。

夏合宿1日目

1日目は、チーム対抗で運動会を行いました。
ただ、普通の運動会とはちょっと違って「ミニセグウェイレース」「水鉄砲射的」「サックレース」「玉入れ」「ストラックアウト」「大玉ころがし」の6つのコンテンツを用意し、チーム毎に各コンテンツに挑戦する代表者を選出、6つのコンテンツをクリアするのにかかった時間で競うという形式で実施しました。

summer camp sports
1日目のアクティビティの様子
summer camp sports

こうしてコンテンツを選択できるようにすることで、チームのメンバーがまんべんなく活躍できる場を作り、また、競技をしていない時間はちいさなお子さんも一緒に、自由に遊べる時間として活用することができました。

summer camp pinata
ピニャータ割り

また、メキシコや中南米の国の子供のお祭り(誕生日など)に使われる、ピニャータというお菓子やおもちゃなどを詰めた紙製のくす玉をチーム毎に作成して、壊すというコンテンツも用意しました。真剣にテーマを決めて作ったものを最後に壊すという工程が新鮮で、作る時も壊す時もとても盛り上がっていました。

宴会・余興

アクティビティ後は、みんなでBBQ&ファヒータスを堪能しました。運動後ということもあって、より一層お肉が美味しく感じられました。

また、このBBQの最中に余興として新卒メンバーによるヲタ芸ダンス&茶番と、社内有志バンドによる生演奏が披露されました。私はヲタ芸のセンターとして新卒メンバーのまとめ役だったのですが、今年の新卒メンバーは、自動車免許合宿に参加しながらリモートで働く人や、帰省しながら働く人、なぜが九州で働いている人、海外まで営業に行っている人などとにかく働き方が多様で皆をまとめ上げるのは本当に大変でした。振り付け指導用に動画を撮影してリモートでも練習できるようにするなどして、無事最後までやり遂げることができて今はとてもホッとしています。

summer camp band
night fiesta
summer camp performance
night fiesta

夏合宿2日目

2日目は、秩父ならではのアクティビティや文化・料理に触れてもらいたいというコンセプトのもと、参加者を希望したアクティビティ毎にグループ分けして自由行動という形 をとりました。

具体的には、ラフティングや農業体験、鉄道ツアー、はたまた聖地巡礼など、秩父でしかできなかったり、たくさんの人が集まる夏合宿だからこそできるようなコンテンツを自由に企画していただき、自由にメンバーを集め、グループ毎に計画を立てて行動しました。

チームに別れての行動だったので、他のグループの様子はわからないのですが、写真を見る限りどのグループも秩父を満喫してくれたようです。ちなみに私は聖地巡礼をめいいっぱい満喫してきました。

rafting
2日目アクティビティの様子
rafting
summer camp SL train
2日目アクティビティの様子
cart experience
summer camp
あの花のキービジュアルを再現

夏合宿を終えて

基本的に運営の立場だったので本格的に参加したのは2日目のアクティビティだけなのですが、色々な人との交流や、メンバーの普段見たことがないような一面も見られたことで、これまで交流したことがあまりなかった人との接点ができ、個人的には「普段周りにいる・見かける人」と交流するきっかけ作りになったと感じています。

夏合宿終了後にとったアンケートでは、ほとんどの方から「とても楽しかった」「来年もぜひ参加したい」という嬉しい声をもらうことができました。一方で、改善点などの指摘も多数いただいているので、来年以降の夏合宿の運営に活かして、より良いものにしていきたいです。

そして、ガイアックス内で普段あまり会う機会のない人と人が繋がるきっかけになるような、そんな夏合宿にしていきたいです。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

澁谷 海渡

アニメとラーメンをこよなく愛するエンジニア。学生時代は類似数式検索技術に関する研究に従事。ガイアックスのミッションや働いている人に惹かれて2017年4月に新卒で入社。現在は既存プロダクトの機能改修・新規機能開発に奮闘中。

Back To Top