skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

Gaiaxのグループ会社である株式会社レティビーの榎本です。

インターネットの会社に就職して気がついたらセクシャルマイノリティの研修やメディアを運営している会社の代表になっていました。

会社の説明はこんな感じです → http://letibee.com/

セクシャルマイノリティ(レズビアンとかゲイとかバイセクシャルとかトランスジェンダーとか)についてそれをまったく知らない人と話していると、たまに音が聞こえるくらい「あ、この人の価値観がアップデートされた」と感じることがあります。

今まで疑問も持たずに当たり前だと思っていたこと、疑いもせずに「正しい」と思っていたものを自分で再査定する瞬間、なかなか好きです。

ものすごい数の他人と共生している世の中ですから

人には無意識の偏見というものがあるみたいです。偏見ってネガティブに使われることが多いですが、早い話が偏見は脳が生み出すショートカットキーみたいなもので、「あれ、あれはライオンかな?それとも木馬かな?しっかり見極めよう」みたいなことを言ってたら襲われて死んじゃうかもしれないので、即座に判断して行動を起こさせるもので、偏見を”なくす”ことは無理なようなんですね。

まぁただ今の世の中ライオンに襲われるケースはそうそうないわけで、そしてその昔よりも圧倒的に多い数の他人と共生していかなければいけない中で、この「偏見」は結構やっかいなものなんですね。「偏見」は行き過ぎた自己防衛から差別行動に人を走らせることがあるので。そしてさらにやっかいなのが「無意識の偏見」というもので、これはもう文字通り、「偏見」があることに気づいていない状態ですね。

そういうことを話している自分ももちろん「無意識の偏見」はあって、日々その前提で物事をやわらかく捉えられるように努めているつもりではあります。

自分が生きてきた中で、教え込まれた機械みたいに脳内で常識に変換しているものって本当に身の回りにあふれているなぁということを感じる毎日です。

ちょっとだけそのことについて書きたいと思います。

「生活必需品」って誰が決めたんだっけ

さぁ、一人で暮らすぞって思ったら何が必要なのか。

まずは、部屋と、エアコン、洗濯機、風呂、トイレ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、鍋、フライパン、食器、歯ブラシ、タオル、バスタオル、テーブル、椅子、食器洗いスポンジ、食器用洗剤、シャンプー、ボディソープ、コンディショナー、ハンガー、綿棒、サランラップ、アルミホイル、包丁、フォーク、ナイフ、箸・・・・・・・・・・・・。綿棒レベルで書き出すと200個くらい出てきそうですね。

この中で書かれているものの中には生活必需品っていわれてるものがあって、必需品とか言うもんだから、「買わなきゃ」ってなんだか自動変換されるんですが、別に私にとっては必需品じゃないものもたくさんあって、そもそもそんなことを考えながら、何を減らして生きていけるかとか考えたりすると、自分の小さな常識が崩れる音がしたりして、そういうのを楽しんでいる次第です。

今は部屋があるのですが、そんな考えをこじらせた私は「部屋すらいらないのでは」と思ってここ3ヶ月東京家なし生活をしていました。結論、私は部屋は欲しかったですね。でも部屋になにを求めるかとか、そういった基準は前よりも自分の基準になったと思うので満足しています。もうひとつの結論は、服はほとんどいらないですね。もちろん私にとってはというだけですが、家がないのでリュックに入れる荷物を厳選したところ、逆にチョイスがなくなったことで心地よくなりました、これは結構スティーブジョブスなりマーク・ザッカーバーグなりみたいなすごい人もやってるので全然ドヤ顔できないですね。でも実際すごく楽です。

わたしは今言うならば10分で引越し準備できるスタイルで、今のところはこれを維持したいと思っています。

たまに自分の言動、決断はどういう思考回路をたどったのか、などを考えてみるといい暇つぶしになるかもしれないです。

おまけ

ガイアックスではわたしのようにこじらせている人が多いんですよね。
同期の東のすべての荷物はUberEATSのデリバリーボックスに入っちゃってますし、背負えちゃいますし。なんなら上田さんがカプセルホテル+コインロッカーで、「東京中家」生活をしてましたし。こじらせ狂のわたしとしては、たまらないですね。おわりです。


Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

榎本 悠里香

2012年に新卒で株式会社ガイアックスに入社。海外のカスタマーサポート事業部の運用を担当したのち新規事業本部で営業系のクラウドソーシングサービスなどに従事。自身も性的マイノリティーであることをオープンにし、2015年5月にレティビーに取締役として参画。2016年同会社の代表取締役に就任。

Back To Top