skip to Main Content
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

入社4年目にして初めてブログを書きます。Gaiaxでブランド推進室に所属している岡野です。そもそもブログ書くこと自体10年ぶりくらいでしょうか・・・文字なのに緊張しますね。

さて、Gaiaxは2017年1月に永田町へと本社を移転しました。移転先のビルは日本一シェアを体験できるビル「Nagatacho GRID」としてGaiaxが企画したもので、実はわたくし、このプロジェクトにPMとして参加していました。

限られた予算、タイトなスケジュールの中、多くの関係者や社内メンバーのおかげでなんとか立ち上がったわけですが、企画段階から私は完成した暁にはGRIDをフルに楽しんで・・・もとい、活用してやろうとひっそり企んでいました。

最近GRID運用チームのおかげで屋上も素敵に仕上がってきて、遂に当初から企んでいたGRIDでの日常が実現できたので、これを機にその企みを交えてGRIDの魅力を伝えたいと思います!

1日の流れをダイジェストでお送りしますので、興味をもったら是非遊びにきてくださいね。

自分の席をなくしてフリーアドレスに。働く場所を選ぶことから1日が始まる

移転の時まず初めにやったことは、オフィスから自分の席をなくし、フリーアドレスを選択したことでした。移転前からGRIDではあらゆる場所で仕事してみようと考えていたからです。これは社会人になって初めての試みだったので、GRIDが出来るまでの間、視察も兼ねて色々な場所のコワーキングスペースで働いてみて、どんな感じになるか検証しておきました。

ーAM10:00。いつも通勤ラッシュを避けるため自宅で少し仕事をしてからGRIDに向かいます。GRIDを運営する総務部から毎朝その日にGRIDで開催されるイベント情報が送られてくるので、空いている場所をチェックすることから1日が始まります。

ちなみに、GRIDでは階ごとにフロアネームがついています。私はGRIDのあちこちで仕事しているので、このフロアネームで居場所を伝えるようにしています。

1日の始まりは地下「Space0」から。

移転したときに誰よりも先にここに住み着いたのは私だと思います(笑)

設計中から狙っていた場所の一つで、とにかく居心地がいい。地下なので周りの音が聞こえずらく、朝からかなり集中できます。

照明がやや暗めに設定されているのもポイントで、明るいオフィスだと目や頭が痛くなってしまう私にとってはまさに理想の環境です。

working at space0

打合せも空いているところで。来客時は会議室へ

大体GRIDにいるときは打ち合わせがあるときです。(打ち合わせがないときはリモートワーク)
打合せの時間になったのでちょっと移動します。

GRIDでは基本的に空いているところはどこを使ってもいいので、6F「Attic」に移動してみました。Atticはゆったりとしたソファー席やキッズスペースがある空間と大きなセミナールームとに分かれていて、さらには仕切ってあるパーテーションを開放して1フロアとしても使えるとても機能的な場所です。

working at attic
working at attic

このようにGRIDでは基本、空いているところがあればどこででも仕事したり打ち合わせしたりしているのですが、さすがに来客があるときは場所を抑えたい時があります。この日も来客があったので4F「Garage」へ移動。このフロアはオフィスや会議室がシェアされていて、既にいくつかの企業様が入居して利用しています。

一番狙っていた屋上へ。天気がいい日は最高のワークスペース

ーPM16:00、屋上「Cloud9」へ。打ち合わせで疲れちゃったので気分転換(笑)

Cloud9は、移転後にGRID運用チームが引き継いで作り上げてくれた一番のお気に入りの場所です。この場所こそ、企画当初から狙っていてずっと楽しみにしていた場所なのです。

まだ家具がない頃から、こっそり行っては壁際に座って仕事したりしていたのですが、最近とうとう家具も配置され最高のワークスペースに。天気のいい日は確実に1度は行ってます。いい気分転換になるのでチームミーティングにも使えます。

しかもこの場所、社内やGRID利用者が植物や野菜などを育てています!私も何か育ててみようと家族会議中です(笑)

working at cloud9
tomato at rooftop

Baseへ帰還。実は落ち着くGaiax本社

これだけあちこちで働ける場所があるGRIDですが、その2FにGaiaxの本社である「Base」があります。ここだけはセキュリティ空間となっているので社員IDがないと入れないのですが、実は結構ここに戻ってきて仕事してることがあります。もちろん自分の席はないのですが、Baseは個人席のほかにフリーアドレスが何か所か用意されていて自由に仕事することができるようになっています。

talking with colleagues at base

Baseは当然見知ったGaiaxの人たちが働いているためか、なんとなく落ち着くんですよね。

ちょっとした用事があるとき、Space0やAtticがイベントで利用されている時なんかは、ふらっとBaseに戻ってきて仕事しています。感覚としては実家に帰る感じです。だから長く滞在はしない(笑)

夕食・晩酌もGRIDで。なんと徒歩0分の自社カフェ

普通に仕事する環境としては、ここまでで結構おなか一杯なのですが、現実問題として19時頃になるとお腹がすいてきます。特に私は1日のうち基本的に夜しか食事しないのでこの時間帯は空腹で集中力が切れます(笑)

そこで行くのは1F「Plaza」。ここにはドーナツ屋さん「hocus pocus」とGaiaxメンバーが運営するカフェ「tiny peace kitchen」があります。なんと徒歩0分で食事ができる!しかも夜はお酒も飲める!!

tiny peace kitchenは”都会で忙しく働く人に「家庭料理」を届けるカフェ”がテーマのとてもアットホームな空間になっています。

ームページはこちら。

tiny peace kitchen:http://tinypeace.jp/
hocus pocus:http://hocuspocus.jp/

interview at tiny peace kitchen
ランチミーティングで使う時も。
hocus pocus
まるでケーキのようなドーナッツが食べられるhocus pocus。

そしてSpace0へ

tiny peace kitchenも素敵ですが、やはりアルコール部に所属している身としては、開催されているとついSpace0に戻っていきます(笑)最近参加できてないのですが、次回あたり好きなお酒を持参してまた参加したいと思います!

drinking at space0

ーいかがだったでしょうか?

GRIDができて、私の働くスタンスは本当に変わりました。一見好き勝手仕事してるように見えますが、仕事効率はぐっと上がった気がします。

やはり集中力が切れたり、行き詰ったら移動して気分転換・・・というように自分のペースで仕事ができるのが大きいですね。

もちろんこうした働き方が許されるGaiaxの社風があっての話ではあります。

どこでも同じことができるわけじゃないとは思いますが、普段私が仕事しているSpace0やAtticはいつでも自由に出入りできますので、もし興味を持った方は近くにいらした際には是非GRIDに寄ってみてください。

ちなみに、GRIDでは毎週水・木の11時からGRIDのコミュニケーターである山口による案内ツアー(各約40-60分)が行われています。ご興味のある方はぜひこちらより登録してみてください。

  • 快適なワークプレイスは自分たちで作る!快適なワークプレイスは自分たちで作る! 爽やかな春の陽気に誘われてちょっとしたピクニックとかしたくなる気候になりましたね。この季節にぴったりの最近のGRID情報をお伝えします♪ 朝ヨガスタート 4月からCloud9(屋上)で開始した朝ヨガ。骨盤矯正やパワーヨガなど毎回違ったテーマで開催されるヨガを太陽の光をたっぷり浴びつつ行うので、リラックス&リフレッシュして仕事に臨めます。誰でも参加できるので、最近ではご […]
  • 永田町手前味噌が熟成される都会のビル Nagatacho GRID永田町手前味噌が熟成される都会のビル Nagatacho GRID 先日、tiny peace kitchenにて味噌作りイベントを開催しました。 Nagatacho […]
  • 私、カフェと子供を同時に生むことにしました。〜ITベンチャーでカフェ事業を始めました〜私、カフェと子供を同時に生むことにしました。〜ITベンチャーでカフェ事業を始めました〜 初めてこちらでブログを書きます。荒井智子と申します。 ガイアックスに新卒で入社して3年半が経ちました。 営業マンとしてこの会社に入り、今はなぜは食堂のおばちゃんになりました。笑 なぜ、営業マンだった私が、食堂のおばちゃんになったのか。 その経緯は、ガイアックスのneedle […]
  • 出社前にお寺に通っているってお話出社前にお寺に通っているってお話 久し振りのブログ投稿です\(^o^)/ 大川美里です。最近の私はこんなことしてます♪♪ じゃ〜ん!! 「出社前にお寺に通ってみる」 ホントだよ〜っ!! […]

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on LinkedIn

岡野 宏

Web運用ディレクターとして入社後、クリエイティブチームのリーダーを経て、現在ブランド推進室でプロジェクトマネージャーを担当。
子供が生まれたのをきっかけに、ワークスタイルが変わり、リモートワークやフレックス制をフルに活用している。

Back To Top