skip to Main Content
仮想通貨取引所やICO等、フィンテック事業におけるKYCの AML/PEPsのリスク確認業務に対する専用APIの提供を開始

仮想通貨取引所やICO等、フィンテック事業におけるKYCの AML/PEPsのリスク確認業務に対する専用APIの提供を開始

株式会社ガイアックス(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:上田 祐司、証券コード:3775、以下 ガイアックス)は、API型本人確認サービス「TRUST DOCK」にて、仮想通貨取引所やICO等、KYCの重要性が増すフィンテック事業者向けに、AML(アンチマネーロンダリング)やPEPs(重要な公的地位にある者)のリスク確認業務の代行を、プロダクトへ組み込んだAPI経由により依頼できる「リスク確認API」の提供を開始いたしました。 これにより、口座開設時や取引開始時、または、定期的なリスク確認を行うにあたって、スムーズなAMLリスク確認業務を、APIを通してバックグラウンドでアウトソーシングすることが可能になります。
JBA Meetup Vol.3などで見えてきたICOの世界

JBA Meetup Vol.3などで見えてきたICOの世界

ICOという言葉をご存知でしょうか。Initial Coin Offeringの略で、ブロックチェーンを使ったサービスにおいて、そのサービスが開始される間に、そのサービスのコインを売り出す行為のことを指します。ICOをするサービスは、サービス開始前にコインを販売することで資金を得ます。
Back To Top