Gaiax summer camp

LIFE / WORK BALANCE

自分の人生は自分で決める

Gaiaxでは、当社のミッションのもとに集まったメンバーがそれぞれの想いやミッションを実現すべく、働いています。当社や所属する事業のミッションから、自分は何をすべきかを考え、自分の仕事は自分でつくり出す環境です。ハードワークやワークライフバランスを支える自由度の高い組織で、リモートワークや裁量労働を活用し、メンバーの多くが多様な働き方を実践しています。

いつでもくつろげる場所
裁量労働
ヨガ教室
マッサージ
社内レストラン
ヘルシースナック
電動自転車レンタル
屋上のアーバンガーデン
キッズルーム・授乳室
祈る・メディテーション場所
リモートワーク(在宅)OK
Rooftop yoga
社内レストラン
社内マッサージ
ヘルシースナック

WORKPLACE

自分やチームのポテンシャルを最大限発揮できる場所

個人やチームのポテンシャルを最大限に発揮できるように、オフィスは自由度の高い空間になっています。

時には屋上でくつろぎながら仕事をしたり、時にはガイアックスグループが運営するtiny peace kitchenのカフェで仕事をしたり。

チームで集まる固定席もあれば、完全フリーアドレスもある。部署や個人がもっとも最良と思う場所やスタイルを選んで仕事をしています。

また、ガイアックスのオフィスはただ働くだけの場所ではありません。リビングのような居心地の良い空間で、チームやメンバーが

自然と顔を合わせたり、コミュニケーションをとるために集まってくる。そんな日々のチャレンジを支える場所です。

Nagatacho GRID

ガイアックスは2017年1月に永田町へ本社を移転しました。
移転先は「Nagatacho GRID」。シェアリングエコノミーを通じて我々のミッションである「人と人をつなげる」を体現した、日本で一番シェアを体験できるビルを目指しています。
Nagatacho GRIDが、企業、フリーランス、政治家、学生、NPOなどの多様な価値観を持つ人が幅広く交わり、ビジョンを共有し、社会変革が達成される場になると考えています。

Nagatacho GRID

PERKS

上限のないリターン

ガイアックスでは個々が使命感をもって自己裁量で働いています。そうやって成果を出したメンバーのためにさまざまな制度によるリターンを用意しています。また、副業を認めていたり、クオーターごとに報酬アップを自己申告できるような制度もあります。

ストックオプション

Stock options

会社の成長はメンバー一人ひとりの活躍にかかっています。その成長を享受できるように、発行済株式総数の1割相当の新株予約券を毎年発行しています。

持ち株制度(10%補助)

Stock holding subsidy

従業員の自社株式取得にあたり、拠出金10%を援助。自社株取得を容易にし、財産形成を助成しています。

Sharing subsidy

シェアサービス利用補助

Sharing service subsidy

シェアリングエコノミーに取り組む企業として、様々なシェアサービスをメンバーが体験できるよう、会社が各種サービスにかかる費用をサポートします。

副業OK

Multi-employment OK

個人のライフプランを応援し、他社での活躍がいつか社内の力になるという考えのもと、競合しない仕事であれば報告一つで副業を持つことができます。

LGBT alimony

各種手当(LGBT含む)

Allowance (LGBT incl.)

異性間の婚姻時に提供している結婚祝い金や休暇などの福利厚生の権利はもちろんのこと、同性間のパートナーにも平等に提供しています。

QCP

Quarterly Coaching Program

四半期に一度、担当上司とメンバーで目標設定と振り返りをする制度。高い目標を掲げて成果を上げ、高い給与を得ることだってできます。

Carveout system

カーブアウト制度

Curve-out system

申請した事業チームに対して、事業を子会社化。ストックオプションを45%程度発行し、子会社の経営陣やメンバーに付与します。

DIVERSITY

一人ひとりが自分らしくいれる

さまざまな人が暮らすこの地球で社会の課題を解決していくためには、小さくとも、まず私たちがそのようなコミュニティを作っていくことが重要だと考えています。人種、年齢、宗教、性別、家族構成などに関係なく、全ての人が自分らしく働ける。そんな環境を目指しています。

LEARNING SUPPORT

自己の成長は自分で決める

個々のライフプランを実現させるための支援も惜しみません。そうして成長したメンバーは必ずよいサービスを生み、社会の課題を解決してくれると信じているからです。スキルや知識を高めるためのメンタリングやコーチングのほかに、英語講座の受講支援やデバイスの購入サポートなど、各種制度が用意されています。いつでも誰にでも、成長できるチャンスがあります。

Multidevice support

デバイス対応

Device support

Gadget support

ガジェット制度

Gadget allowance

App support

アプリ導入

Free applications

English learning support

英語サポート

English language

Seminar support

セミナー参加費負担

Seminar participation

Free books

書籍購入負担

Free books

CAMARADERIE

仲間意識を育む

人と人がつながり、社会の課題を解決する。そんなミッションを掲げるガイアックスでは、働く仲間同士の交流も大切にしています。合宿や社員総会、他部署や育児休業中の仲間とのランチ会やボランティア活動など、さまざまな交流の機会があります。フリーアドレス制のオフィスもまた、自然に交流が生まれる場になっています。

SUSTAINABILITY

地球とのつながり、社会とのつながり

ガイアックスでは人と人とのつながりと同様に、地球や社会とのつながりも大切に考えています。我々が提供するサービスは常に地球に、そして社会に優しいものでなければいけません。そのために一つ一つ、小さなことから取り組みを始めています。

Reusable mug cups

地球に優しいワークプレース

Environment-friendly workplace

ガイアックスでは、プラスチックカップの代わりにマグカップを使ったり、紙袋の代わりにリユースできるトートバッグを使っています。また、ステーショナリーにも再生紙と植物由来のインクが用いられています。

Papereless meetings

ペーパーレスへの取り組み

Promoting Paperless

紙資料を配布する会議は原則行っていません。クラウドサービスや液晶モニターを活用し、ペーパーレスを実現しています。他にもKindleの貸与を行うなど様々な取り組みが各現場で行われています。

Commute by bicycle

自転車移動

Commute by bicycle

ガイアックスでは、社会にも体にも優しい自転車通勤をサポートしています。Nagatacho GRIDには駐輪場が完備され、シェアサイクルのCOGICOGIとも連携。COGICOGIのポートに置かれた自転車を外出時などに自由に使うことができます。

Cloud9

CLOUD 9 アーバンガーデン

Cloud 9 urban garden

現在進行中の屋上緑化プロジェクト。都会の真ん中に緑のオアシスを作るべく、メンバーがDIYで屋上を組み立てています。植栽をしたり、ハーブや野菜を育てたり、エコ対策にも取り組みます。

Bring plastic project

BRING PLA-PLUSプロジェクト

Plastic & used clothes recycling

日本環境設計株式会社が環境省と連携して、生活用品等の製品プラスチックの効率的な回収・リサイクルを促進することを目的とし、2016年12月12日(月)から2017年3月5日(日)まで開催している店頭回収によるリサイクル実証事業「BRING PLA-PLUSプロジェクト」。
また、同社が着なくなった洋服をゴミではなく資源としてバイオエタノール等に復活させている、繊維製品回収とリサイクル「BRING FUKU-FUKUプロジェクト」。ガイアックスはこの動きに賛同し、社内にリサイクルボックスを設置しています。
公式サイト:http://bring.org/